AmazonでSEO対策をして上位表示を狙う!【商品タイトルと商品キーワードの最適化】

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

Amazonで物販をするなら、まず最初に取り組むべきことは上位表示をさせ露出を増やすことです。

今回はAmazonで上位表示を狙うために、商品タイトルと商品キーワードの最適化について解説していきます。

※Amazon出品大学(セラーアカウント必要)でも、同様の情報をご確認いただけます。


いくら良い商品でも見られなければ売れない

見つからない

 

当たり前の話ですが、いくら頑張って質の良い商品を作ったとしても、お客さんがそれを見つけなければ売れません。

そのため商品の露出をいかに増やすかが売れるか・売れないかの重要なカギを握るわけですが、

Amazonの様に商品数が多い場所で販売となると、埋もれてしまい見つけてもらうことが難しくなります。

 

上位表示はSEO対策が欠かせない

seo

Amazonでは商品タイトルと商品キーワードの最適化が、上位表示の施策として必須になります。

むろん適当にやっても上位表示は狙えないので、ある程度のノウハウが必要になるのですが、その前にAmazonの検索エンジンについて特性を少し知っておきましょう。

 

Amazon検索はまだGoogleほど進化していない

進化

 

現状のAmazon検索は一昔前のGoogleに近いもので、商品タイトルや商品キーワードを最適化するだけである程度上位表示が可能です。

この手法はどちらかというと小手先のテクニックなので検索アルゴリズムが進化しているGoogleでは通じないのですが、AmazonはまだGoogleほど進化していないので効果があります。

 

TIPS

今後Amazonの仕様が変わったり、検索アルゴリズムが進化したりすると、この手法が使えなくなる可能性があることを予めご了承ください。

 

 


それでは具体的な商品タイトルと商品キーワードの最適化について解説していきます。

商品タイトルの最適化

1. Amazonのガイドラインを確認

まずAmazonのガイドラインに目を通しておきましょう。

≫カテゴリー別商品登録ルール

自己流で書くとガイドライン違反にもなりかねませんので、ガイドラインに沿って最適化していきましょう。

2. よく使われているキーワードを抽出

よく使われるキーワードは、それだけ大勢の人が使うキーワードです。

商品タイトルを決める際には、このよく使われているキーワードを抽出して組み合わせて作っていくと効果的なんですが、抽出方法は下記3通りの方法があります。

方法1: Amazonサジェストキーワードを使う

一番代表的な手法としてAmazonのサジェストキーワードを使う方法です。

Amazonトップページの検索窓口に実際にキーワードを入れると、よく一緒に使われるキーワードの候補を一覧表示してくれます。

 

たとえば“インテリア”と入れてみると、こんな感じでキーワードが抽出されます。

Amazon-サジェスト

 

この時、上位に表示されるものほどよく使われるキーワードなので、積極的に商品タイトルに組み込んでいきましょう。

 

上位のキーワードの横にオレンジの文字が書かれていると思いますが、これはそのキーワードがよく使われるカテゴリーを指します。

たとえば“インテリア 雑貨”という組み合わせはホーム&キッチンカテゴリーでよく使われるキーワードということです。

なのでカテゴリーを登録する際には、ここで表示されるカテゴリーを選ぶようにすると効果的です。

仮にオリジナルのインテリア雑貨をつくったとしたら、タイトルに“インテリア 雑貨”のキーワードを入れて、カテゴリーはホーム&キッチンを指定しておくといった感じです。

 

方法2: Googleキーワードプランナーを使う

Amazonの商品タイトルはGoogleの検索結果にも影響を与えます。

 

たとえばGoogleで“金運グッズ 置物”で検索すると、検索結果の1ページ目にこんな感じでAmazonの商品ページが表示されます。

Google-検索結果

 

つまり商品タイトルをGoogle向けにも最適化しておけば、Google検索からの集客も期待できるということです。
※ビックキーワードは無理ですが、ニッチキーワードなら上位表示が可能

 

Google向けの最適化はGoogleのキーワードプランナーを使います。

たとえば“インテリア”で調べると、関連するキーワードが検索ボリュームの高い順に一覧表示されます。

インテリア-検索ボリューム

 

ただGoogleからのダイレクト集客はそこまで期待できませんので、あくまでもAmazonサジェストをメインにしておき、Googleキーワードプランナーはサブ的に使うのがオススメです。

 

3. 抽出したキーワードを組み合わせる

あとは抽出したキーワードを組み合わせていくだけです。

 

先ほどのサジェストキーワードから

  • 上位に出てきたキーワード
  • 自分の商品に合っているキーワード

の2点を選定基準に、商品タイトルを作りこんでいきましょう。

 

TIPS

『キーワードは左か順に強いものを』

商品タイトルを書く際には左から順番に強い(上位表示される可能性が高い)キーワードを配置していきましょう。

一般的に、左から順に強いキーワードを入れたほうがSEO(検索エンジン最適化の略)的に良いとされています。

検索エンジン向けの手法ではありますが、Amazonでも効果があります。

 

商品キーワードを最適化する

商品キーワードの最適化といっても先ほど抽出したキーワードをどんどん埋め込んでいくだけなんですが、

ポイントとして

  • 商品タイトルにいれたキーワードは使わない
  • 500バイト(約500文字)以内でフルに埋め込む

上記2点を意識しながら埋め込んでいきましょう。

他にも細かい要件はあるのですが、詳しいことはAmazonの出品大学でご確認ください。

※セラーセントラルへの登録が必要

 

TIPS

『文字数とバイト数を楽々計算』

キーワードのバイト数は下記のサイトで確認できるので、バイト計算しながら設定してみてください。

≫文字数(バイト数)カウント

 

商品数が多い場合は在庫ファイルを使おう

以上、商品タイトルとキーワードの最適化についてでしたが、商品数が多い場合は在庫ファイルが便利です。

在庫ファイルの使い方は別の記事で紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

≫【初心者OK・超簡単】在庫ファイルの使い方

 

最後に

今回は商品タイトルと商品キーワードの最適化についてでしたが、Amazonの対策は他にもいろいろと手法があるので、少しずつ紹介していきますね。


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一