結果の出せるデザイナーになろう!【マーケティングとディレクションスキル習得のススメ】

結果の出せるデザイナーになろう!【マーケティングとディレクションスキル習得のススメ】

 

ヤナケン

こんにちは!

柳井です。

 

近年、ロボットと人口知能がすさまじい勢いで進化をしていて、単純にデザインができるだけでは今後生き残れなくなる可能性が大です。

デザイナーは一歩進んだマーケティングとディレクションのスキルを身に着け、仕事の質を上げていきましょう。

 

今回はデザイナー向けに、マーケティングとディレクションスキル習得のススメを解説していきます。


作業レベルの仕事は自動化される

歯車 自動化 オートメーション

 

最近、デザインのテンプレートやツールが次々と開発され、素人でも奇麗なデザインが実現できるようになってきました。

たとえばウェブデザインの場合、WordPress開発に伴い美しいウェブデザインのテンプレートが次々に登場しているため、テンプレートを導入すれば素人でも美しいウェブサイトが作れます。

今後も技術は進化し続けていくため、作業レベルでのデザイン業務はますます少なくなっていく可能性があます。

 

作業ではなく思考レベルのスキルを磨こう

思考レベル スキル

 

ここでいう思考レベルのスキルとは、マーケティングとディレクションスキル”を指します。

一言で表すと“根拠に基づいた戦略を描き、理論でデザインを組み立てるスキル”のことで、平たくいうと“デザインをきちんと結果につなげるスキル”のことです。

 

別の記事でも解説しておりますが、作業レベルでの自動化はできたとしても思考レベルでの自動化はまだまだ先の話。

デザイナーとして生き残りをかけるのであれば、こういった思考レベルのスキルを習得して磨いておく必要があります。

 

マーケティングとディレクションスキルについて詳しくは、下記の記事を参考にしてみてください。

≫デザイン思考をマーケティングの戦略として活かす方法【6つの戦略】

≫ディレクションとは?【デザインで成果を出すために、欠かせないスキル】

 

そもそもクライアントは何を求めているのか?

上矢印 アップ

 

そもそも、デザインを発注するクライアントは、なにも美しいデザインを求めているわけではなく、目的(売上アップ・集客)を達成するためにデザインを依頼してくるのです。

 

デザインをしていると、ついつい見た目ばかりに走ってしまい、こういった当たり前のことを忘れがちですが、非常に重要なことなので覚えておきましょう。

 

 

結果の出せるようになると

結果が出せるようになると 結果 向上

 

いままで自分のセンスだけでやみくもにデザインをしていた方は、マーケティング思考とディレクションスキルを身に着けることで結果の出せるデザインができるようになります。

 

結果につながるデザインができるようになると、他のデザイナーと一線を引くことができるようになり、仕事に困らないばかりか、報酬面でも大幅なアップが期待できます。

というのもクライアントの中には

「後の稼ぎにつながるデザインなら、高額だとしても支払う」

という考えを持っている方は結構沢山いるからです。

 

そういったクライアントに、自分のデザインが結果につながることをしっかりと説明すれば、たとえ高い報酬だとしても仕事が取れるようになります。

もちろん口だけでなく、しっかりと結果につなげる必要性があることはいうまでもありませんが。

 

今までセンスばかり重視していたデザイナーの方は、下記の記事も参考にしてみてください。

≫自己満デザイナーを脱して、結果の出せるデザイナーに

 

最後に

以上、今回はデザイナー向けにマーケティングとディレクションスキルの習得のススメを解説してきました。

ぜひ身に着けていただき、活動の幅を広げていきましょう!

 


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

 

 

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください