社内キャリアアップにデザインスキルを活かす方法

 

ヤナケン
こんにちは、柳井です。

今回はデザインスキルを社内キャリアアップに活かす方法を解説していきます。

デザインスキルを習得するとで職場内での信頼関係構築、会社の経費削減、周囲への波及効果を生み出すことが出来るようになります。

社内での昇進、昇給をお考えの方はデザインスキルを活用してみませんか?


社内キャリアアップにおける、
デザインスキル習得のメリット

以前の記事でデザインスキル習得のメリット、デメリットを解説しましたが、キャリアアップという視点からメリットを探ると他にも2つあげられます。

①社内で独自のポジションを取れる

中小企業の多くは専属デザイナーを雇用しておらず、デザインを制作する場合、外注をするのが一般的です。

相場は内容によりますが10万~30万とかかるものが多く、決して安いものではありません。

 

デザイン制作と言っても、自社ウェブサイトや商品パッケージなど経費をかけても良いものと、ちょっとしたポップやチラシなど経費をかけずに作りたいもので分かれてくると思います。

ところが外注の場合は一般的にデザイン制作は一括りなので、費用が安くなるということはありません。

 

そこでデザインができる社員が一人いると、ちょっとしたものは経費をかけずに作ることができるため企業としては経費削減という部分だけでもかなり助かります。

 

ビジネスマン パソコン

 

プロのデザイナーとまではいかないけど、デザインできます!

これだけでも任される仕事の幅がぐっと増え、社内で独自のポジションを獲得しやすくなります。

 

ヤナケン
デザインスキルは他のスキルと比べ習得が容易なので、社内でのキャリアっぷをお考えの方はデザインスキル習得がオススメです。

②副業で稼げるようになる

会社によって副業が禁止のところもあるのですが、身に着けたデザインスキルを活かし副業をすることができるようになります。

知り合いのデザイン案件を受けたり、クラウドワークスでデザインの仕事を探したりすることで、いくらでも稼ぎ口は見つけることができます。

 

社内キャリアアップのステップ

それでは具体的にデザインスキルを活用して、どうやって社内キャリアアップしていけばよいのかステップに分けて解説していきましょう!

STEP1:デザインの基礎を習得する

まずは素早くデザインスキルの基礎を身に着け、練習を積んでいきましょう。

デザインスキル習得のメリット・デメリットデザインスキル習得の4ステップ(基礎編)を参考にしてみてください

 

ヤナケン
習得の方法は大きく独学と、誰かから教わるという2つの方法がありますが、教わったほうが最短コースではるかに早く学ぶことができます。

副業までを考えるのであれば具体的にどうやって案件を探すかも学べるので、結果として教わったほうが費用対効果が良くなります。

STEP2:職場でデザインを実践

ある程度実践をこなしスキルが身についてきたら、いよいよ職場でスキルを発揮していきましょう。

簡単な自分の営業資料、プレゼン資料をデザイン

まずは自分の営業資料やプレゼン資料、または企画書などをデザインしてみましょう。

「あいつの資料、なんか見やすくてお洒落だよな…」

なんて声が職場内で出始めたら、成果が周囲の目に付き始めている証拠です。

 

プレゼン資料

上司の営業資料、プレゼン資料をデザイン

自分の資料を作り周りの評判が少しずつ良くなってきたら、少し勇気を出して先輩や上司に資料のデザインを提案してみましょう。

注)資料そのものの内容というよりは、デザイン的な体裁の部分です

 

セールス

 

例えば大切なプレゼンを控えた上司に「プレゼン資料をもっと魅力的に仕上げさせてください」と提案してみましょう。

普段から良好な関係であれば、すんなり任せてくれるはずです。

 

職場での信頼構築を意識する

先輩や上司の資料作りをせっせと受けることは、職場での信頼関係構築のためです。

「大事な商談の前は、あいつに資料を整えてもらおう」

そんな気風が高まってきたら、信頼関係は自然と良くなっていくはずです。

 

信頼

 

信頼関係はこうした小さな作業を一つ一つこなすことで、積みあがっていくものです。

受け身でなく、主体的に取り組んでいきましょう!

 

ヤナケン
ちなみに私は一番最初の会社で企画部門に勤めておりましたが、営業部の企画書や資料を何十回もデザインしたことがあります。

特にプレゼンの魅せ方にも先輩・上司だと毎回のように頼まれ、入社してすぐに良い関係性を持つことができました。

ただ、頼まれすぎると正直きつくなるので、仕事のバランスを見ながら受けてくださいね!(笑)

STEP3:事業全体に関わるデザインを担当

ある程度、しっかりと周囲の期待に応え成果を出していけば、おのずと高度な案件も任されるようになります。

部署間だけでなく、販促物や会社案内、商品パッケージなど事業全体に関わるデザインも積極的に手を上げて実践していきましょう。

 

会社案内

 

ヤナケン
会社の役員会でアイディアが検討される時は、ぜひ一緒に混ざれないか伺ってみましょう。

出る杭は打たれるとありますが、私はガンガン出たほうが良いというのが私なりの持論です。

痛い目を見たとしても挑戦し続ければタフな精神力が身に付きますよ!

挑戦しただけでも、行動しない人間よりははるかに進んでおりますので。

STEP4:印刷経費の削減を提案する

STEP1~3を読み「自分は人付き合いが苦手だし、センスがないから他人のデザインなんかとてもじゃないけどできない…」もしかしたらそんな風に感じられる方もいると思います。

 

でも大丈夫、安心してください!

どんなに人付き合いが苦手だろうと、センスがなくてお洒落なデザインができなかろうと、デザインスキルを活かし印刷経費削減の提案だけはできるはずです。

デザインスキルを習得するとネットの格安印刷業者に発注ができるようになり、従来の印刷費を1/5~1/10程度安くすることができることがあります。

 

 

50%OFF

 

センスに不安がある方はデザインだけは外注でお願いをして、印刷は社内で発注する。

たったこれだけでもかなりの経費削減につながることがあります。

 

「自分のデザインスキルが会社の経費削減につながる」 これだけでも十分会社への貢献になるのではないでしょうか??

STEP5:作ったデザインは作品集に残す

作ったデザインを作品集にまとめておくと今後、自分を売り込む強力な武器になります。

作ったデザインを作りっぱなしにするのではなく、必ず一部を作品集(ポートフォリオ)に残し大切に保管しておきましょう。

制作したものは必ず一部をファイリング

営業資料やプレゼン資料はファイリングする必要はないと思いますが、事業用の販促チラシや会社案内は必ず一部をとっておき、ファイリングしていきましょう。

ファイリング用のフォルダは、文具店で売っている普通のA4・A3のクリアファイル・バインダーで十分です。

 

作品集

 

可能であれば作品の仕様書、自分スキルシートを合わせてファイリング

販促チラシや会社案内のページ隣にそれぞれ作品の仕様書も入れておくと、第三者が見た時にさらに伝わりやすくなります。

例えば販促チラシのターゲットや配布方法、顧客の反応など、デザインしたものがどのように活用されたものなのか、簡潔に文章にまとめ一緒にファイリングします。

 

しっかりと仕様書をいれることで、デザインしたものをどのように事業に活用したのかを考えられる人として、高く評価されるはずです。

注)くれぐれも会社の秘密保持に触れない程度にしてくださいね

 

面接官

 

フォルダの最終または最初のページに自分のスキルシートも入れておくと、具体的にどんなスキルがあり、何ができるのかがより明確になります。

 

作品が貯まってきたらページを入れ替えたり、表紙を作ったりしながら一冊の作品集として完成度を高めていきましょう。

STEP6:職場でポジションを得る、職場に波及効果を与える

沢山のデザイン案件をこなし確実に成果を積んできたら、いよいよ職場内でのポジションを固め昇給や昇進を視野に入れていきましょう。

業務内容や給与の交渉

これは大きな会社だと難しいことだと思います。

一方でベンチャー企業や中小企業であれば、意外と通る場合があります。

 

交渉

 

ヤナケン
私の経験ですが社員数10人程度の会社で働いていた際、とあるデザイン案件で大きな利益を上げたことがあります。

「さすがにちょっと給料を上げてほしいな…、でも自分だけだとな…」

という思いもあったのですが、今までの積み重ね、デザイン案件はほぼ一人でやっていたこともあり、当時の主任に要望を出してみることにしました。

 

正直、こんな提案をすると
「けしからん!自分だけ!」と言われかねないですよね。

ところが以外にも「今回の件は君頼みのところが大きかったから、臨時報酬を出す」
というお言葉を頂きました。

その後、社内でも共有され、後ろめたい気持ちもなく報酬を頂くことができました。

 

あ、ちなみに昇給は無理でした(笑)

 

何が言いたいかというと、自分の実績やスキルについて、時には評価の見直しを求めることは正当なことではないかということです。
(いつも求めるのはどうかと思いますが)

 

そもそも控えめな日本人にとって、自分の意見や考えを伝えることはとても勇気がいることです。

だらからといって黙っていては伝わらないものです。

断られたとしても、主体的に動いたという自信は残りますので、ぜひ挑戦してみてください!

 

もし、大手企業の様にお金の話はしづらい時は、業務内容の見直しだけでも相談してみましょう。

デザインスキルを身に着けたアナタであれば、今以上に活躍できるフィールドが必ずあるはずです!

自分が講師となり職場内デザイン研修を行う

これは自分のスキルを通して、職場内の底上げをする波及効果の高い行動です。

上手く講師が務まれば職場全体に良い影響を与える人材として、職場内の信頼とポジションが飛躍していきます。

求める行為と違い、こちらは与える行為になるため、よほどでない限り断られることもないでしょう!

 

講師

 

最初から大人数の前で講師を務めることは難しいので、最初は1~3人の少人数に研修をしていきましょう(プライベートでも良いかと)。

 

ヤナケン
個人的な印象ですがデザインに興味がある、または学びたいという人は結構沢山いると思います。

今までの経験上、教えるといって嫌がる人はほとんどいませんでした。

※デザイナーという響きからでしょうか(笑)

 

まずはモニター感覚で同僚に声がけをしてみましょう!

うまくいくと、生徒が最初の少人数から徐々に増えはじめ、人によっては社外からも声がかかる可能性があります。

職場に良い影響を与えれば昇進の可能性も

デザインのスキルだけで昇進っていうのは難しいかもしれませんが、デザイン研修をすることで少なくとも良い影響を与える人材として高く評価されるはずです。

 

自分のメインの仕事と組み合わせ、業務成績&社内エンパワーの両極から、ぜひ昇進を掴んでくださいね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

 

柳井 謙一

 

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください