失敗しない販路選び【それぞれ販路の特性を知ろう】

失敗しない販路選び【それぞれ販路の特性を知ろう】

 

ヤナケン

こんにちは!

柳井です

今回は商品を仕入れた後に、どこで売ればよいかというお話。

私が実際に使った販路について特性を解説していきますので、販路選びの参考にしてみてください。


ネット販売から気軽にスタート

買い物かご カート

 

ネット販売は、個人でもコストをかけず手っ取り早くはじめられる方法です。

  • Amazon
  • メルカリ、フリル
  • ヤフオク
  • Yahooショッピング
  • 楽天
  • カラーミーストア
  • メイクショップ

 

などなど、無数にある市場から、自分の商材に適した販路を選んで販売しています。

10分とかからず商品を販売できる場所もあるので、気軽に出品していきましょう!

 

販売チャネルの選び方、特性を知ろう!

ワンポイントアドバイス オススメ

 

販路ごとに、それぞれ集まるお客さんの属性が異なり、売りやすい商品・売れない商品が分かれます。

 

「自分が売ろうとしている商品が、どの販路に向いているのか?」

販路の特性をしっかりとリサーチすれば、ある程度わかるようになります。

とくに固定費がかかるような販路の場合は、しっかりと特性をおさえて販路を選ばないと、あとで痛い目をみます。

 

逆に固定費がかからない販路であれば、出品して売れなくても損することはありません。

とくに初心者の段階はテストマーケティングの意味も込め、固定費のかからない販路にはどんどん出品してみましょう。

 

次項から販路の特性について、私の経験値をもとに解説していきます。

 

販路①:メルカリ、フリル

メルカリ

 

物販をゼロからスタートさせるなら、フリマでタネ銭を稼ぐことからはじめましょう!

多数のフリマアプリがありますが、有名どころのメルカリ、フリルは確実に抑えておきたいところです。

メルカリ、フリルの出品費用

月額費用はかからず、物が売れた時だけ手数料として10%がかかります。

月額無料なのでリスクなく、物販をはじめれますね!

メルカリ、フリルの客層

メルカリ、フリル、どちらもユーザーの大半が女性です。

何度も商品を売ってきましたが、メルカリは20代前半の女性、フリルは20代後半からが多いような気がします。

メルカリ、フリルで売りやすい商品

この前テレビで見ましたが、メルカリの流通額の大半がレディースアパレルなんだとか。

ぶっちゃけ、レディースアパレル専門の市場といっても過言ではありません。

私自身、メルカリ・フリルでアパレルを売ったことがありますが、とくに20代前半の女性向けのアイテムが一番売りやすかった印象です。

 

他にも

  • 輸入アパレル・雑貨
  • 化粧品
  • 健康食品
  • レア商品

この辺のものは売りやすいかなと。

メルカリ、フリルのその他の特徴

  • 店舗構築不要
  • 出品が鬼のように楽(写真を撮って、文章を書くだけ)
  • スマフォに特化した物販チャンネル
  • 個人売買のため、店舗販売程のサービス品質を求められない
  • モラルのない利用者や、クレーマーもチラホラ

 

販路②:ヤフオク

 

プレミア商品、骨董品、希少品を売るならヤフオクがオススメです!

他の販路と違うのは、購入者が入札し合うというシステム。

落札希望が多いと、予想をはるかに上回る価格で売れたりすることもあります。

 

たとえば、私は20代のころにファッションアイテムをヤフオクで売りまくってましたが、古着屋で1,000円でゲットしたサングラスが30,000越えで売れたことがあります。

プレミア、希少品はヤフオクで高値販売を狙っていきましょう!

ヤフオクの出品費用

ヤフオクで商品を販売するには、Yahoo!プレミアム会員に登録する必要があります。

Yahoo!プレミアム会員費は月額498円で、他にも落札時に8.64%の手数料がかかります。

ヤフオクの客層

とくに30代から60代の男性が多く、レアもの商品を探し、お金持ちの人たちも沢山集まってきます。

だからこそ、プレミア物は高く売れるわけですが。

それと、これは友人のバイヤーから聞いた話ですが、中国人のバイヤーさんなんかも、ヤフオクを結構利用しているみたいですね。

ヤフオクで売りやすい商品

たとえばNIKEの限定モデル、なかなか手に入らないiQOSとか、希少性の高い商品は売りやすい市場です。

他の場所でも売れるんですが、ヤフオクが一番高値で売れる可能性があります。

逆に普通に購入できるような新品商品を定価で販売しても、あまり売れません。

ヤフオクのその他の特徴

  • 出品が簡単
  • 商品ページで、文字装飾ができる
  • 支払い方法が豊富

 

販路③:Amazon

Amazon

 

月額費用が安い、店舗構築不要、圧倒的な集客力の3拍子揃った販売チャンネルです。

ちなみに、Amazonカタログにすでに登録されている商品であれば、商品ページすら作る必要がありません。

本格的に物販ビジネスを運営するなら他の販路はさておき、まずはAmazonから出品していきましょう!

Amazonの出品費用

小口プランであれば月額無料、大口プランであれば月額4,980円です。

固定費はかかりますが、大口の方が小口と比べてサービスが優遇され、販売手数料も低くなります。

Amazonの客層

これはAmazon内部で働いていた人から聞いたのですが、Amazonの顧客はお金持ちが多いんだとか。

ほかにも

  • とにかく手軽に買いたい
  • 無機質的なサービスの方がよい

といったお客さんが多いようです。

Amazonで売りやすい商品

とにかく電化製品やゲームソフトに強い市場で、書籍なんかも売りやすいです。

まぁ圧倒的な集客力があるので、結構なんでも売れます。

ただフリマで売るような劣化商品や3流商品は、すぐに返品されてしまいますのでご注意ください(Amazonでは開封・使用後でも返品されてきます)。

 

私の場合、Amazonでオリジナルの雑貨商品を販売しております。

無名の状態からはじめましたが、最初からポロポロ注文が入り、Amazon内の広告(費用対効果最高!)を使うことで順調に売り上げを伸ばすことができました。

 

なお、輸入アパレルや雑貨も売れるには売れますが、相当返品率が高くなるので、Amazonで販売するなら覚悟しておきましょう。

その他の特徴

  • 管理画面が見やすい、使いやすい
  • 費用対効果の高いスポンサー広告を利用できる(オリジナル商品販売時に効果大)
  • サポート体制が充実
  • 売り上げを伸ばすためのカリキュラムが豊富に揃っている
  • FBAサービスを使えば、Amazonが受注・発送を代行

 

販路④:ヤフーショッピング

ヤフーショッピング

 

ヤフーショッピングのすごいところは、なんといっても独自店舗を月額無料で開設でき、さらに販売手数料まで無料なところ!!

 

つまり商品の販売額が、丸っと自分の手元に入ってくるということです。

メルカリでも10%取られるのに、それがすべて無料なんて…ちょっと考えられません。

 

ちなみに、ヤフーショッピングが無料化に走ったのは2013年の10月。

これはeコマース革命と呼ばれ、ネットショッピング界に大きな波紋を呼びました。

それ以降、ヤフーショッピングには店舗数が激増し、流通額が大幅アップ。

まだまだ楽天、Amazonには及びませんが、今後も伸び続けていくことが予想されます。

ヤフーショッピングの出品費用

先述した通り、初期費用・月額・販売手数料、すべてにおいて無料です。

集客はまだ弱いと言われていますが、初の店舗開設はコストのかからないヤフーショッピングがオススメです。

ヤフーショッピングの客層

これは私が実際に一年くらい販売をしてみて感じたことですが、女性、男性、半々の印象です。

それと数回ですが、中国のバイヤーからまとめ買いの注文が入ったことがあります。

どうも国内の代行業者が、海外向けにヤフーショッピングの買い付けサービスをしているようですね。

ヤフーショッピングで売りやすい商品

何度かリサーチをしたことがありますが、アパレル、雑貨、電化製品、スマフォアクセサリー、アパレル、開運グッズ、インテリア用品、この辺りが売りやすいのかなと。

たとえば輸入アパレルや雑貨など低コストで仕入れができる商品を扱い、専門店として尖っていけばリピーターを囲い込むこともできます。

 

私の場合、Amazonで平行でヤフーショッピングにも商品を出品していますが、Amazon程とはいきません。

とはいえコストが掛からないので、確実に利益をだせます。

その他の特徴

  • 店舗構築が必要
  • お客さんのメールアドレスを取得できる(他の販路だとNG)
  • 専任の販売サポーターがついてくれる
  • 管理画面が、とにかく使いにくい
  • 設定項目が多くて、かなり面倒

 

販路⑤:卸売り・委託販売という手も

お任せ 握手 信頼関係

 

他の店舗に買い取り・委託で自分の商品を販売してもらう方法で、たとえば観光地とかに住んでる方なら、オリジナルの特産品を開発してお土産屋さんにおいてもらう。

オリジナルの雑貨やアパレルであれば、セレクトショップに営業をかけて商品を取り扱ってもらえないか交渉してみるということです。

 

 

店舗オーナーや店長は、常に売れる商品を探しているもの。

少々の度胸と営業力が必要になりますが、駄目もとでいろんな場所に声がけしてみましょう。

その際、相手へのメリットを伝えることをお忘れなく!

 

ちなみに、私の場合は住んでいる地区のお土産屋に、自身のオリジナル雑貨を買取り販売してもらってます。

買取の委託販売は一般的に卸売りと呼ばれるもので、自分で1つずつ商品をさばく必要がないので、労力的には大分楽です。

個人的には、この卸売りとネット販売を組み合わせることで、個人でも物販ビジネスを飛躍させることができるので、ぜひ挑戦してほしいなと!

 

最後に

以上、私が実際に使ったことのある販路についての解説でした。

事前に販路の特性をおさえておくと、販路選びで失敗しにくくなります。

ぜひ、今回の記事を参考に、扱う商品にピッタリの販路を見つけてみてくださいね!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください