小学生でもわかるブランディングの概念と10の手法

 

小学生でもわかるブランディングの概念と10の手法

 

ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

ビジネスでよく聞くブランディングという言葉ですが、抽象的でわかりにくいですよね。

今回は小学生でもわかるようにブランディングの概念を解説しながら、後半で具体的な仕掛け方を解説していきます。


ブランディングを一言でいうならば

『会社のイメージ、商品のイメージ価値を高めること』

 

もっと砕くと

『消費者の心の貯金箱に、イメージの資産を貯めていく』

といった感じです。

 

図にするとこんな感じ

ブランディング概要図

 

ブランディングで築かれた“イメージ価値”は、目には見えないビジネスの結晶(ダイヤモンド)と言えます。

ダイアモンド

 

なぜブランディングが必要なのか?

単刀直入にいうならば

『人はイメージに価値を感じ、高いお金を払い続ける』

からです。

イメージ価値

 

高機能でリーズナブルな日本車と、高額なベンツを比較してみると、一般的には

日本車:高機能、リーズナブル、大衆向け
ベンツ:ステータス、お金持ち

といった感じですみ分けされると思います。

 

これが日本車よりも機能的に劣り、何倍も価格が高いにも関わらず、ベンツが選ばれる理由です。

 

ブランディングができてないと

ブランディングができていない場合、どこよりも安く売ったり、一時的な流行に乗っかたりするしか商売としての武器がありません。

ところが競合が増えてくると、価格割れが起きたり、類似商品が出回りすぎたりしてしまい、すぐにビジネスがうまくいかなくなってしまいます。

考える人 反省

 

ブランドという最強の武器を手に入れる

武器 剣

ブランディングで構築されたイメージ価値、すなわちブランドほど強力な武器はありません。

ブランドが構築されていくほど、商品が持つイメージ、自分の会社のイメージがよくなっていき、販売値や流行ではなく、イメージで伝わる価値で選んでもらえるようになります。

 

一度ブランドが構築されてしまえば、いくら競合が増えても問題ではなくなります。

たとえ競合よりも機能的に劣っていたり、高額だとしてもです。

 

ブランディングのメリット、デメリット

太極 陰と陽 メリット デメリット

ここまでブランディングの必要性について解説てきましたが、ブランディグにはマイナス面もあるので、メリット、デメリットを簡単にまとめておきます。

ブランディングのメリット

  • 明確な価値を感じてもらえるよう
  • 記憶されやすくなる
  • 圧倒的な信頼感が生まれる
  • 競合と明確な差別化が出来る
  • 機能性や価格がそこまで問われなくなる
  • 高くても売れる
  • 長期にわたって飛躍していく
  • ビジネスが安定化する

etc…

ブランディングのデメリット

  • ブランディング構築には時間がかかる
  • ブランディング構築には忍耐力が必要
  • 一度根付いたブランドのイメージは急激に変更しにくい
  • 悪い話題が広がると、急激にイメージダウンしてしまう

etc…

 

こう書くと

「んーデメリットがあるから、ブランディングしなくてもいいんじゃない」

と思われるかもですが、デメリットを恐れブランディングをしなければ、先ほどお伝えした通り、価格や流行といった誰にでもマネできるような武器で勝負するしかありません。

 

長期にわたってビジネスを継続していくのであれば、ブランディングは必須。

遅かれ早かれ、取り組まなくてはならない日がやってきます。

ここから先、ブランディングを進めるための10の手法を解説していきます。

 

10のブランディング手法

1. コンセプトイメージを明確にして打ち出す

コンセプト

コンセプトイメージを明確にして打ち出すことは、ブランディングの基本とも呼べる部分で、言葉で言わずとも価値を感じ取ってもらう手法の一つです。

 

たとえば、ベンツと聞くと『お金持ちが乗ってそう、ラグジュアリー』といったイメージを抱くと思います。

これはベンツがハイクラス&ラグジュアリーをコンセプトに掲げ、広告や宣伝でコンセプトイメージを打ち出しているからです。

2. コンセプトと事業運営に一貫性を持たせる

一貫性

提示するコンセプトとビジネスの一貫性は、イメージ価値を固め・崩さないとても大切な要素です。

 

仮に、ハイクラス&ラグジュアリーをコンセプトにしているベンツが、100万円クラスの車種を用意したとすると、一気にコンセプトイメージがブレはじめます。

そうするとベンツのステータス性や高級感といったイメージに価値を感じていたファンは、大衆的なイメージも持ちはじめたベンツに魅力を感じなくなり、離れていってしまいます。

 

コンセプトをブラさずに、しっかりと一貫性のある運営をしていけば、長くファンを引き留めることが出来ます。

3. 言動を一致させる

約束

コンセプトを守ることと同じことですが、言ったことはきちっと守りましょう。

 

たとえば、『年中無休』と公言するなら、言葉通り一日も休まないことが大切です。

言葉と行動に一貫性が出ると“信頼”のイメージが高まります。

 

逆に一貫性がない口だけの会社は、「言っているだけでしょ」といった感じで、いつまでたっても信頼してもらえることはありません。

4. テーマカラーを決め、統一感を出していく

coca cola

打ち出すカラーに統一感を出していくと、徐々にビジネスや商品を色として連想してもらえるようになり、イメージが頭の中に残りやすくなります。

(カラーだけでなく、視覚的なデザインテイストも同じことが言えます)

 

たとえば、コカ・コーラというと何色をイメージするでしょうか?

もちろん“赤”ですよね!

これはコカ・コーラ社が赤をテーマカラーに沿え、何十年も広告や商品に赤を取り入れ続けたことで築かれたイメージです。

コカ・コーラの様にテーマカラーを世に根付かせれば、「○○といえば〇色」とう様に、明確な連想イメージを消費者に抱かせることができます。

5. ストーリーを語り、共感を誘う

ストーリー

あなた自身のビジネスへの想いや、商品への想い、あなたの人となりを消費者に伝えることで、共感する消費者が生まれイメージ価値が高まります。

ストーリーを伝え「あなたの会社から買いたい」と思わせれば、商材以外の価値を武器にすることができます。

6. +αの体験を演出する

サプライズ +α

お客さんに+αのサービスを提供すると、「期待以上のことをしてくれる会社」というイメージを持ってもらえるようになります。

 

圧倒的な+αを提供する場所として有名なのがリッツカールトンですが、あれだけデカいホテルながら、一人一人に最高峰のサービスを提供し続け、圧倒的なファンを獲得してます。

(以前、リッツカールトンの出張研修を1日だけ受講したことがありますが、顧客対応への徹底ぶりが半端なかったです)

 

他にも最近TVで見た通販会社で、発送の際に使う緩衝材にポップコーンいれているところがあるのですが、これがお客さんに受け「優しすぎる通販会社」として話題になってました。

この通販会社の様に、些細なことでも工夫を加え、+αの購買体験を演出していきましょう!

7. 希少価値を伝える

希少価値

希少価値の高さは強力なブランディング要素です。

希少性と魅力を丁寧に伝えていけば、消費者が抱くイメージ価値は劇的に向上していきます。

ちなみに希少性の高いものは、低価格でなく高価格の方が売れやすいという傾向があります。

8. 手間と時間をかける

手間と時間

手間と時間がかかるものは、その分価値を感じてもらえることがあります。

「じらせばじらすほど、欲しくなる」

といった感じでしょうか。

 

たとえば、エルメスの超高額バッグ”ケリー”は、手元に届くまで3年かかると言われていたことがありますが、理由として希少な牛側だけを集め、職人が一つ一つ手作りしているからです。

一般的に時間がかかると嫌がれがちなんですが、このようにしっかりとした理由があれ逆に価値として転嫁させることが出来ます。

9. 根拠に基づいた社会的証明を示す


顧客満足度

よく『顧客満足度1位』とか打ち出している企業がありますが、これもブランディングの1つです。

消費者は「沢山の人が満足しているなら間違いない」、といったイメージを抱くからです。

 

ほかにも『有名人着用』と打ち出せば、「あの有名人が着ているから間違いない」というイメージを与えることができます。

 

くれぐれも社会的証明はしっかりとした根拠の元で打ち出しましょう。

嘘はすぐに見抜かれます!

10. 産地のイメージを活用する

New York

世界的に認知が浸透している産地であれば、ブランディングの要素に取り入れることができます。

 

たとえば、国産と銘打てば安心・安全・高品質のイメージ、ニューヨーク発と打てば洗練された最先端のイメージを印象をもつのではないでしょうか。

他にも、ドイツ製であればモダンで近代的・高機能、中国であれば安いけど低品質といった感じです。

 

 

以上がブランディングを仕掛けるた基本的な10の手法についてでした。

もちろん、これ以外にもやり方はありますが、まずは基本的なことから取り組んでみてください。


いかがでしたでしょうか?ブランディングについてうまく伝わったでしょうか?

もし、分かりづらい、読みにくいということがあれば、下記コメント欄よりどしどしコメントお願いいたします。

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください