デザインスキルを活かしながら稼ぐ方法【4種類の稼ぎ方で比較】

 

ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

せっかく身に着けたデザインスキル、でもスキルを活かしてどうやって稼ぐのかが分からないという方もいるのではないでしょうか?

私にもデザインで稼ぐ方法が分からない時期がありました。

そこで色々と手を出してみたのですが、デザインが向いている分野・向いていない分野がある程度分かるようになりました。

今回は稼ぎ方をいくつかご紹介しながら、オススメの稼ぎ方について解説していきます。


デザイン案件を受注して稼ぐ

デザインスキルを身に着けて手っ取り早く稼ぐ方法はデザイン案件を受注することです。

デザイン案件の受注方法については知り合いの事業者に声をかけたり、クラウドソーシングに応募したりといくつか方法があります。

 

デザイナー

メリット

基本的にはクライアントの支持と要望にそってデザインをするだけなので、ビジネスマインドがなくても稼げる方法です。

デザインスキルさえあれば、すぐにでも仕事を探し始めることが出来るため、比較的誰でも簡単に稼げる方法です。

 

ヤナケン
私の場合もまずはデザイン案件を受注して稼ぐことからはじめました。

WEB等で「デザイン 案件」とか打つと、結構な数が出てきたので気になったところにどんどんエントリーしていくといった感じです。

デメリット

誰でも簡単に参入できる稼ぎ方なので、クラウドソーシングなど参入者が多い場では価格競争が起こりやすくなります。

参入者が増えるほど単価が安くなるので、安定した収入を稼ぐためにはかなりの案件をこなす必要があります。

 

ヤナケン
最近では格安のデザイン業者も多く出てきているので、価格競争は今後も激しくなっていきそうです。

こんな方にオススメ

副業やお小遣い程度の稼ぎの場合、簡単に稼げるデザイン案件の受注がオススメです。

単価が安くても本業があり経済的に困らないため、マイペースでお小遣いを稼ぐことが可能です。

 

ヤナケン
副業であれば、3万円くらいの案件を月に1~2本こなせば、結構なお小遣いになりますよね!

稼いだお金で服を買ったり、美味しいものを食べたり、飲みに行ったりすることができます。

主婦の方、サラリーマンの方は自分のお小遣い稼ぎにオススメの稼ぎ方です!!

こんな方はNG

独立や起業を考え安定した収入を得たい場合、忙しい割に稼ぎが少ないためオススメの方法ではありません。

 

ヤナケン
20代の時にWEBデザイナーとしてデザイン案件だけで稼ごうとしたのですが、1本5万円と格安料金でした。

私の場合はデザインが本業だったため月に4~5本の案件をこなす必要があり、月の収入は20~25(こなせる案件に左右される)と忙しい割に不安定なものでした。

 

デザインスキルを活かしアフィリエイトで稼ぐ

デザインスキルを活かしてアフィリエイトで稼ごうとお考えの方がいるかもしれませんが、個人的にはあまりオススメの方法ではありません。

というのもアフィリエイトの場合はデザインのようなビジュアルでなく、圧倒的なコンテンツ(記事の内容)作成スキルやSEOスキルが求められるからです。

 

seo

メリット

読者にとって役に立つコンテンツや、魅力を感じるコンテンツが作れる人であれば、アフィリエイトに取り組むと半年くらいで成果を出せる人もいるようです。

コンテンツを構築するまでには大変な作業ですが、一度構築してしまえばのため半自動的に広告収入が入ってくるようになります。

しかも物販の様に仕入れ資金がないため、基本的に入ってきた収入はすべて稼ぎになります。

 

ヤナケン
爆発的に稼げる可能性がある分野で、毎年かなりの人がアフィリエイトに参入しているようです。

といっても稼げる人はその中の1%にもみたいようですが。

デメリット

巷では“アフィリエイトで簡単に稼げる”といったうたい文句もちらほら見られますが、決してそんな甘いものではありません。

質の高いコンテンツを作るためには、幅広い知識とスキル(リサーチ、コピーライティング、コンテンツブランディング等)、さらにそれらを使いこなす高い経験値が求められます。

趣味レベルのサイトを作りなんとなく10記事つくってみたという程度では1円にもなりません。

 

ヤナケン
デザインのスキルを活かし、サイトを美しく魅せればアクセスも集まるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、正直ほとんど稼げません。

実は私も少しだけアフィリエイトを齧ったことがあり、当時はデザインをちょと良くすすれば稼げるといった甘い考えでした。

結果…1円にもなりませんでした。

こんな方にオススメ

がっつりアフィリエイトに取り組んだわけではないので持論になりますが、書き物が好きな方、人に教えたり伝えることが好きな方には向いていると思います。

もともと文章を書くのが好きなわけで、コンテンツ作りも楽しみながら進められるのではないでしょうか?

といっても文章力以外にもアフィリエイトの流れをしっかりと理解し、コンテンツを収益に変えていく戦略を学ぶ必要があります。

 

ヤナケン
アフィリエイトを学ぶのであればLUREAという教材がオススメです。

アフィリエイトの基礎を0から学びながら、しっかりと稼げるようになるまでサポートしてくれる内容の濃い教材です。

といってもかなりの実践が求められるので、生半可な気持ちでは取り組まないほうが良いでしょう。

アフィリエイトでデザインスキルが活かせる場面

あくまでもアフィリエイトはコンテンツ重視ではありますが、デザインスキルがあるとビジュアルブランディングが出来るようになります。

ブログに美しいグラフィックや読みやすいレイアウトを取り入れることで、ブログに視覚的な付加価値が生まれ、さらに飛躍していく可能性があります。

 

デザインスキルを活かしYouTubeで稼ぐ

基本的にはアフィリエイトと一緒で、デザインのようなビジュアルでなく、圧倒的なコンテンツ(動画の内容)制作力が重視されます。

アフィリエイト同様、デザインスキルを活かしビジュアル力で稼ぎたい方にはオススメできない方法です。

 

youtube

 

ヤナケン
コンテンツ重視の稼ぎ方の場合、最初はビジュアルを捨ててコンテンツ一本に絞ったほうが成果が出やすいということです。

ある程度軌道に乗ってきた中後期からデザインを取り入れビジュアル面も強化することで、さらに稼ぎを伸ばすのが一般的な流れのようです。

YouTubeでデザインスキルが活かせる場面

YouTubeもアフィリエイト同様にビジュアルブランディングにデザインスキルが活かせます。

制作した動画にアクセスが集まり稼げるようになってきたら、動画のデザイン性に磨きをかけると、さらに視聴率が伸びる可能性があります。

 

デザインスキルを活かし物販で稼ぐ

個人的にはデザインスキルがあるのであれば、物販で稼ぐのが一番オススメです。

物販の場合はアフィリエイトやYouTubeのようにコンテンツ力がなくとも、商品のビジュアル面を強化することでガンガン稼ぐことができるからです。

 

リデザイン参考例

メリット

例えばデザインスキルがあることでデザイン性の高いOEM商品が作れるようになります。

 

ヤナケン
OEM商品を簡単に言うと、他社によって作られた製品を自社ブランドとして売る商品のことです。

例えばパッケージを少し変えたり、色味を変えたり、オリジナルのタグをつけたりするなど、これだけでもOEM商品として自社ブランドの商品として扱うことができます。

製造は他社が行うため、商品開発にかかる研究開発費や設備投資、人の雇用など、固定費をかけずに製造ができるというメリットがあります。

 

OEM商品なのでコストを極限まで抑えながら、自分だけの商品を開発・販売することができるということです。

デザイン性が高いというだけで付加価値が上がるため、価格を2~3倍に上げることも可能ですし、自社のブランドイメージを高めることも可能です。

 

ヤナケン
私も今まで飴やTシャツ、文具などありとあらゆるOEM商品を開発してきました。

経験上、デザイン性が高いことでお客さんに伝わるイメージも良くなり、競合よりも2倍~3倍高くても売ることが出来ます。

というのも、お客さんは商品そのもののでなく、その商品を買ってどんな感情を味わえるのか、どんな体験ができるのかといったイメージに価値を感じているからです。

例えば無名のタグ無しのTシャツでは「本当に大丈夫なのかな?洗ったらすぐによれちゃうのでは?」と感じていたのが、タグをつけることで「しっかりしている」といった具合に印象が変わります。

タグだけでなくパッケージのデザインなども同様で、デザインが良いほどお客さんが感じる安心感や信頼感が良くなります。

単純な転売だけをしている方などは、デザインスキルを身に着け仕入れた商品のデザイン性を少し良くするだけで、競合商品とイメージの部分で差を生み出すことが可能になりますよ!

デメリット

デメリットとして、物販では販売戦略やコピーライティング、リサーチ能力が必要になるため、デザインのスキル一本で稼ぐというわけにはいきません。

といってもこれらのスキルはやりながら徐々に身についていくもので、いきなり高い能力が求められるわけではありません。

また販売する商品の仕入れが必要になるため、少なからず資金がかかります。

 

ヤナケン
私が一番最初に物販を始めたときは親に借りた8万円が全資金でした。

そこから徐々に利益を出しながら商品を展開していき、2年ほどで年商2,000万円、粗利益1,000万円を達成しました。

私のように最初から資金がなくても物販を諦める必要はありません。

デザインスキルがあれば、少ない資金を最大限に活かしながら利益を伸ばすことができますよ!

こんな方にオススメ

ビジュアル面でクリエイティブなことをするのが好きな方は物販がオススメです。

クリエイティブな活動がそのまま稼ぎに直結していく可能性がありるからです。

  • すでにデザインスキルがある
  • 文を書くのは苦手だが、絵を書いたりグラフィックを作るのは得意
  • 自分のアイディアを形にして売りたい

 

もちろん長く続けるためにはビジネススキルも必要になり、デザインスキルだけでどうこうなるものではないのですが、手始めに最小資金でお試しに一商品作り販売してみてはいかがでしょうか??

例えば、人気の高い商品カテゴリーなどを参考にデザインできそうな商品を見つけ、最小ロット100商品(予算3~5万程度)から製造してくれる業者で商品を作り、Amazonの小口出品で販売してみるといった感じです。

 

ヤナケン
私の場合も最初からビジネススキルがあったわけではなく、最初はあまり深く考えず一商品つくり販売して、徐々にビジネススキルを磨いていった感じです。

記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください