確実性・即金性の高いデザイン案件で副収入を稼ぐ

 

ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

社会人や主婦の方の中には、副収入を得てお小遣いを稼ぎたいという人もいるのではないでしょうか??

ハンドメイド作家の方の場合は、制作のための資金調達なんかもできたらいいですよね。

即金性が高いデザイン案件は、副収入を得るオススメの方法です。

今回はデザイン案件の探し方と受注について解説していきます。


デザインスキルを身に着け、仕事の幅を広げる

クラウドワークス、ランサーズの募集要項を見ていると、リスト収集やデータ入力など、比較的誰でもできるような作業は単価が安いですよね。

デザインという技能を身に着けると単調な仕事に縛られず、デザイン案件まで仕事の幅を広げながら単価の高い案件にエントリーできるようになります。

ちなみにデザインはプログラミングや英会話と比べて習得が容易なスキルで、仕事への需要が多いという特徴があります。

 

雇用 人材

 

ヤナケン
デザインスキル習得についてはデザインスキル習得の4ステップ(基礎編)を参考にしてみてください。

 

デザイン案件の魅力は確実性と即金力の高さ

デザイン案件の魅力は受注すればほぼ間違いなく確実に稼げ、即金で収入が得られることです。

がっつり稼げる案件こそ多くはありませんが、お小遣い程度の副収入であればすぐに稼ぐことが出来ます。

 

即金 お金

 

クラウドワークスやランサーズなどの募集サイトでデザインの受注を受けた場合、作業完了後にデザインを納品してから2~3週間前後で報酬が支払われます。

 

ヤナケン
例えばランサーズでは

締め日:毎月15日、毎月月末
お支払い日:15日締め分は、当月末日にお支払い
      月末締め分は、翌月15日にお支払い

といった感じです。

 

デザイン案件を探す

とりあえずクラウドワークス、ランサーズに登録してまずは簡単な仕事から受けてみましょう。

「デザイン チラシ」とかで検索していただくといろいろなプロジェクト形式からコンペ形式まで様々な案件が出てきますが、安いものだと5,000円~10,000、そこそこ良いもので30,000~、高いものでは50,000円を超える案件も出てきます。

そこから自分の条件に合った仕事を見つけ提案(エントリー)すると、依頼主側で選定が行われ、採用されれば受注が確定します。

 

LANCERS-募集画面

プロジェクト形式とは?

プロジェクト形式は求人誌をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

一般的な仕事の募集スタイル同様、依頼者が依頼したい仕事を掲載し、受注してもらえる人材を募集する仕事方式です。

一つの依頼に対して複数の人材から提案が集まりますので、依頼側は人材のスキル、評価、提案金額(見積もり)に応じて最適な人を選ぶことが出来ます(相見積もり、面接のような感じですね!)。

基本的に提案が採用されれば、確実に仕事が入るスタイルで、提案が採用されるまで作業をする必要はありません。

 

ヤナケン
ただし条件が良くなるほどエントリーしてくる人材も多くなるので採用されるためにはそれなりの実績と評価が必要になります。

コンペ形式とは?

コンペ形式は当選作品を募集するというイメージです。

依頼者が依頼したいデザインを募集し、応募者から提出された成果物から選ぶという形式です。

当選した人だけに金額が支払われるため、せっかく作品を作っても当選しなければ1円にもなりません。

 

ヤナケン
ただ単価が高いものが多いので、一攫千金を狙いたい方にはオススメです!

 

仕事の選び方

オススメはプロジェクト方式で、まずは単価の安い案件をこなし着実に実績と評価を積み、その後に高い案件に挑戦してみることです。

というのもコンペ形式の様にわざわざ作品を作って提出する手間もないため、着実に稼ぐことが出来るからです。

不採用になったとしても、数多くの案件がありますので、色んな案件に提案していけばいくつかは採用されるはずです。

 

プロジェクト提案するために履歴書の提出といったこともなく手軽なので、どんどんエントリーしてみましょう!

※クラウドワークスならスマフォでもエントリーできます

 

スマフォ

 

 

ヤナケン
これはしょうがないことなんですが、どこにでも悪質な依頼主はいるものです。

提案の前に依頼主の評価やプロフィールにも目を通すことをお忘れなく!

 

仕事募集サイトで提案する際のポイント

プロフィールをしっかり記載する

時々、プロフィール作成に手を抜いている提案者がいるのですが、依頼主側からすると提案者の人柄はプロフィールや提案文章からしか判断できません。

プロフィールに記載がないと、どんな人かもわからないですし、やる気がないという印象も受けます。

プロフィールは自分を売り込む第一歩となるため、しっかり作りこんでおきましょう。

 

紹介 自己紹介

提案文章は簡潔に読みやすく

実際に提案する際、提案文章はダラダラと長文で書くのではなく、行間をしっかり取り、強みを箇条書きするなど、依頼主が読みやすいように配慮しましょう。

 

書く 文章

 

例えば私が以前ランサーズで案件を依頼した際に、提案してくれた方の文章がとても読みやすかったのでご紹介いたします。

////////////////////////////////////

初めまして ○○在住 ○○歳 男 ○○〇と申します。

【仕事内容】○○〇
【納期】発注後 5日間
【報酬】 ○○〇円 (消費税込み)

①納期は必ず守ります。
②納期より早く納品できるように努力します。
③不明な点があればすぐ連絡いたします。
④至らない点は改善するので、ご指摘ください。

作業時間は21〜25時ぐらいに作業予定です。
期間と致しましては長期的にできれば嬉しいです。

すぐにでも作業開始できます。
PCはWindowsを使っています。

慣れてきましたら、納期ペースは上がると思います。
慣れない点もありますので、至らない点はご指摘いただけると嬉しいです。

ご検討よろしくお願いします。

 

////////////////////////////////////

といった感じで、丁寧かつ読みやすい文章でとても好感が持てました。

 

ヤナケン
文章が読みやすいというだけで、読む人の立場に立って書いてくれている印象を受けます。

作ったデザインを実績として掲載する

募集案件に提案する際、依頼主に見せられるデザインを用意しておきましょう。

例えばプロフィールに作ったデザインを掲載したり、提案時にデザインを添付したりして、自分のスキルや実績を相手に伝えていきます。

 

面接官

 

 

ヤナケン
「一見は百聞に如かず」

デザインの様に可視化できるものがあると、依頼主があなたのスキルやできることをイメージしやすくなるので採用されやすくなりますよ!

 

クライアントと信頼関係を構築すれば
仕事に困ることがなくなる

異なるクライアントの色んな案件をこなすのも良いのですが、ぜひ目指していただきたいのは、特定のクライアントと信頼関係を構築して長く仕事を受注するスタイルです。

信頼関係が深まると他の提案者との圧倒的な差が生まれ、そうなると例え自分より提案金額が安い人がエントリーしてきても問題にはなりません。

 

結局、人との付き合いの中で信頼関係ほど価値のあるものはありません。

特にWEBのようにお互いの顔が見えない場所では、対面以上に信頼関係が重視されます。

 

お任せ 握手 信頼関係

 

一つ一つの仕事を丁寧にこなしていきながら、自分と相性のよい依頼主を見つけ、丁寧に確実に要望に応えていく。

これを続けていけば自然と信頼関係が構築され、依頼主の専属デザイナーになるのも難しいことではありません。

 

ヤナケン
信頼関係があれ多少提案額が高くても、依頼主はしっかりと質の良い仕事をしてくれるあなたを迷いなく選ぶはずです!

私も駆け出しのころは、お試しの低単価でデザイン案件を受けていましたが、一度信頼関係ができてからは自分の労力に見合った最適な単価を提案しております。

それでも相見積もりを取られることもなく、すぐに依頼してもらえております。

 


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください