『eBookCoverCreator』 魅力的な3D E-Bookカバーを簡単に作れるツール

『eBookCoverCreator』-魅力的な3D-E-Bookカバーを簡単に作れるツール

 

ヤナケン

こんにちは!

柳井です。

情報商材やデザインテンプレートパックなど、コンテンツを3Dカバーで演出しておくと視覚的な価値をグッと上げることができます。

今回は簡単に3Dカバーが作れる、『eBookCoverCreator』というツールについて解説していきます。


商材に製品感を与える

たとえば自分のウェブサイトでノウハウやツール、テンプレートなどを販売する際、

2Dの平面図で商品画像を見せるよりも、3Dの立体パッケージで商品画像を見せたほうが、より製品っぽい印象を与えることができます。

 

たとえば下の絵を見比べてみてください。

ホームページ戦略資料

このようにただの表紙でもいいのですが、ちょっと手を加えて3Dカバーにすると。

 

↓↓↓

ホームページ戦略

 

いかがでしょうか?

より製品感が出てきたと思いませんか?

3Dの製品感が強い方が見る側は『きちんとしたツール、信頼できるツール』という印象を持つので、視覚的な価値を上げることにつながります。

 

eBookCoverCreatorを使えば3Dカバーも楽々作成

3Dカバーは自力で作ろうとするとかなり面倒なので、無料で使えるeBookCoverCreatorを使いましょう。

≫eBookCoverCreator
※上記ページからメールアドレスを登録すれば無料ですぐに使えます

 

eBookCoverCreatorを使えば、知識不要で5分とかからずに3Dカバーを作ることができます。

ちなみに先ほど掲載した3DカバーもeBookCoverCoreatorを使って作ってます。

 

それでは使い方をステップ・バイ・ステップで解説していきます。

※登録方法については割愛させていただきます

Step1: トップページから作成スタート

eBookCoverCreatorのトップページから青色のボタン“Launch The Wizard Now”ボタンをクリック。

ebook-cc1

Step2: 3Dカバースタイルを選択

4種類の3Dカバースタイルから自分の好みのモノを選択して、“next step”ボタンをクリック。

ebook-cc2

Step3: 画像URLをカバー画像URL欄にコピペ

表示されたカバー画像URL欄に3Dカバーにしたい画像のURLをコピーペースト、“next step”ボタンをクリック。

※画像サイズの推奨値は横400×縦500px

ebook-cc3

 

TIPS

「画像URLのコピー方法」
※下記の手順はChromeブラウザの場合ですが、他のブラウザでも基本的には一緒です

①ブログ記事の下書きに、カバーにしたい画像をアップロード掲載

↓↓↓

②プレビュー画面などで表示

↓↓↓

③コピーをしたい画像にカーソルを合わせ右クリック

↓↓↓

④“画像アドレスをコピー”を選択すれば画像URLがコピーされる

ebook-cc4

 

Step4: 作成中になったら10秒待機

「3D画像作成中です」となったら10秒位待ちましょう。

注)1~2分経っても画面が切り替わらない場合、エラーになっている可能性があります。
元の画像の画質を下げるなどして、再度最初からやり直してみてください。

 

ebook-cc5

Step5: ダウンロードして完成!

画面が切り替わったら完成です!

“Preview Cover”ボタンをクリックして完成イメージを確認しましょう。

ebook-cc6

 

↓↓↓↓↓

完成した3Dカバーに問題がなければダウンロードして完了です。

ebook-cc7

 

 

いかがでしょうか??

知識不要で誰でも簡単に3Dカバーが作れちゃう素晴らしいツールなので、コンテンツ演出にガンガン活用していきましょう!

 


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください