今日から活かせる!美しいデザインを創る黄金比の使い方

黄金比アイキャッチ
ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

黄金比という言葉は数学的な意味合いが強いのですが、デザインにおける黄金比は自然界における法則から一番美しいとされる比率を指します。


黄金比とは??

黄金比はドイツの心理学者グスタフ・フェヒナーという人が実験で見出したもので、人間が最も美しいと感じる比率は1:1.618になるという法則です。

よりシンプルにすると5:8が黄金比です。

この比率で作られた長方形は黄金長方形と呼ばれております。

 

黄金比

 

黄金比は自然界に見られるパターンから見つけ出されたもので、例えば魚の体、葉っぱ、昆虫の容姿等、黄金比に近い比率で形成されているとのことです。

 

黄金比2

 

ちなみに黄金比率についてWikipediaで調べると…

線分を a, b の長さで 2 つに分割するときに、a : b = b : (a + b) が成り立つように分割したときの比 a : b のことであり、最も美しい比とされる。貴金属比の1つ(第1貴金属比)。

なんのこっちゃ!って感じですよね(笑)

 

難しいことは抜きで5:8が最も人間が美しく感じる比率であり、この比率に近づくほど美しく見えるということだけ覚えておいてください。

 

デザインでの使用例

黄金比は古代から活用されており、例えばギリシアのゼウス像が黄金比に沿って作られているようです。

 

黄金比3 ゼウス

 

ヤナケン
ゼウス像の体がヘソの高さで、黄金長方形に内包されるもう一つの黄金長方形により身黄金分割されております。

こんな感じで黄金長方形を応用して作られたようです。

 

近代でもフォルクスワーゲンのビートル、Twitterやペプシのロゴが、黄金比を応用した黄金サークルに沿ってデザインされております。

他にもデザイン業界で活用されている事例は結構沢山あります。

 

ヤナケン
黄金比の事例について詳しく知りたい方は「美しくみせるデザインの原則」を読んでみてください。

Balance In Design 黄金比

 

どうやって使うのか?

「黄金比はわかったけど、どうやって使うの??」

という疑問がわくと思いますが、ここはシンプルに考えて例えばWEBバナーの縦横比を5:8の黄金長方形にしたり、紙面に配置する画像を黄金長方形でトリミングしたりなどして使ってみてはいかがでしょうか??

 

例えばこんな感じで、縦5:横8の黄金長方形でバナーと画像を作ってみました。

 

黄金比のバナー

 

黄金比_写真

 

もちろん作るものすべてを黄金比にする必要はありませんが、人間が自然に美しいと感じるプロポーションと言われているので使わない手はありません。

 

ヤナケン
黄金比を詳しく調べると結構難しく書かれているので、初心者が使おうとすると難しく感じるかもしれません。

そんなに難しく考えず「詳しいことはよくわからないけど、美しくするために黄金長方形を取り入れる!」位の気持ちで活用してみてください!!

 


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

 

 

 

 

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください