梱包デザインアイキャッチ

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

ネットショップを運営されている方で、商品発送の際に無地の段ボールや紙袋を使われる方もいると思いますが、そのまま無地の状態で送っていませんか??

ゴチャゴチャと装飾するくらいなら無地の方がよっぽどいいのですが、無地では少し寂しい感じがします。

そこで今回は、発送用の段ボールと紙袋にちょっと手を加えるだけでお洒落にできるデザインの方法を解説していきます。

梱包がお洒落だとしっかりとした印象になりますし、お客さんも開封前からワクワクしてくれますよ!


届いた瞬間から、お客さんをワクワクさせるという考え方

Macの製品(iPhoneやiPad)を一度でも買ったことがある人なら分かると思うのですが、空ける前からワクワクしますよね!

Macでは手元に製品が届いてから開封するまでも商品の一部と考え、開封時いかにお客さんをワクワクさせられるかを徹底して考えているからです。

 

iPhone パッケージ

 

小規模でビジネスを展開している場合も「商品が手元に届いた瞬間から、お客さんをワクワクさせる」という考え方を取り入れておくと、お客さんの満足度を向上させることが出来ます。

といってもMacの様にとはいかないので、まずはできる範囲で梱包のデザインからはじめましょう!

 

柳井 謙一

よくマーケティングの世界では「お客さんは商品を買うのではなく、商品から伝わるイメージ(ワクワクする感情や魅力的な体験)を買う」と言われます。

そういったマーケティング的な意味でも、梱包は大切なイメージ戦略の1つです。

 

梱包のデザイン例

梱包のデザイン例として、私がサンプルでデザインした段ボールをご覧ください。

 

段ボール オリジナルデザイン

 

今回はこれを完成形に、作り方を解説していきます。

それでは早速、デザインしていきましょう!

 

商品発送用の資材の選び方

まずは梱包資材を用意する必要がありますが、格安で手に入る無地の物がオススメです。

梱包資材の選び方はオススメの梱包資材6選!段ボールと生成り紙袋を参考にしてみてください。

 

段ボール

 

装飾用のラベルシールをデザインする

梱包資材が決まったら、装飾に使うラベルシールをデザインしていきます。

Wordのラベル印刷を使えば簡単に作ることが出来ますので、使い方を解説していきます。

STEP1:ラベルシールを用意する

まずは印刷に使うラベルシールの準備ですが、オススメは「エーワン ラベルシール 28923」という商品です。

シールの形状が黄金長方形に近いので、見た目のバランスが良いのがポイントです!

※黄金長方形については今日から活かせる!美しいデザインを創る黄金比の使い方を参考にしてみてください。

 

価格はAmazonなら800円とお手頃で、一式あたり420枚のシールが作れます。

≫エーワン ラベルシール インクジェット 21面 20枚 28923

 

ラベルシール

STEP2:お店や会社のロゴを用意する

自分のお店や会社のロゴをJPEGの画像で用意しておきます。

ロゴがまだという方はランサーズやクラウドワークスで外注して、サクッと作ってもらいましょう。

 

画像のサイズは横500ピクセルくらいの大き目のものを用意しておいてください。

例えば私の場合は、こんな感じです。

 

ロゴ_JD完成

※横500×縦143(ピクセル)

STEP3:Wordでラベル印刷をする

ラベルシールとロゴが準備できたらWordのラベル印刷機能を使い実際にラベルを印刷をします。

ここからラベル印刷機能の使い方が分からない人向けに、使い方を順番に解説していきます。
※解説で使用しているWordのバージョンは2010です

ラベル印刷機能が分かる方はビューんと飛んでか12. ラベルを印刷から読んでください。

1. ラベル作成のための差し込み文章をスタート

ラベル作成のために差し込み文章という機能と使います。

Wordを起動したら、ホーム画面から“差し込み文章”タブをクリックします。

 

ラベル印刷手順-1

2. 差し込み印刷からラベルを選択

画面が切り替わったら“差し込み印刷の開始”ボタンをクリックして、ドロップダウン表示された項目からラベルを選択します。

 

ラベル印刷手順-2

3. ラベルタイプを選択

ラベルオプションが表示されるので、リストからラベルタイプを決めます。

ラベルオプションについて画面上から順に何を選んだらよいか説明していきます。

 

①プリンター

使っているプリンターに合わせ選択してください。
通常はページプリンターを選択し、用紙トレイは既定値(カセット)でOKです。


②ラベル製造元

リストから“A-ONE”を探して選択してください。


③製品番号

リストから“A-ONE 28923”を探して選択してください。

 

ラベル印刷手順-3

4. ラベルの枠が表示

Word画面に罫線が表示されラベルの枠が表示されます。

今度はこの枠の中にロゴを配置していくので、“挿入”タブ⇒“図”ボタンの順にクリックしていきます。

 

ラベル印刷手順-4

5. 保存したロゴ画像をラベルに挿入

ウインドウが開くので、保存場所からロゴ画像を選択して“挿入”ボタンをクリックします。

 

ラベル印刷手順-5

6. ラベルサイズ・位置を調整しやすくしておく

先頭のラベルにロゴが表示されたら、ロゴを右クリックして“文字列の折り返し”から“前面”を選択します。

こうしておくことでロゴを自由に動かせるようになり、位置調整がしやすくなります。

 

ラベル印刷手順-6

7. マウスと矢印のカーソルでロゴの位置を調整

マウスと矢印カーソルを使いロゴのサイズと位置を調整し、先頭のラベルの真ん中にロゴが収まるように調整します。

 

ラベル印刷手順-7

8. 複数ラベル反映で画像の自動挿入

上記の作業をラベル一枚一枚やると大変なので、“複数ラベルに反映”機能を使い、残りのラベルにもロゴが自動挿入されるようにします。

もう一度“差し込み文章”タブをクリックして、続いて“複数ラベルに反映”ボタンをクリックします。

 

ラベル印刷手順-8

9. 複数のラベルにロゴが一気に配置

たったこれだけの作業で、全21枚のラベルにロゴが一気に配置されます。

ただし“«Next Record»”とかいう余計な文字も出てきてしまうので、この文字を一括削除していきます。

まず“«Next Record»”をマウスで選択してコピーしてください。

 

ラベル印刷手順-9

10. 全て置換で«Next Recod»を一括削除

画面右上にある“置換”ボタンをクリックすると、“検索と置換”ウインドウが出てきます。

ウインドウ内“検索する文字列”の欄に、先ほどコピーした“«Next Recod»”をそのままペーストしてください。

ペーストしたら“全て置換”をクリック

 

ラベル印刷手順-10

 

“全て置換”をクリックすると、以下のように了解を得るメッセージが出てきます。

深く考えずに順番に「はい」・「OK」を選択してください。

  1. 「選択範囲の検索が終了しました。1個の項目を置換しま…」
    ⇒「はい」を選択
  2. 「文章の最後まで検索しました。20個の項目を置換しま…」
    ⇒「はい」を選択
  3. 「文章の検索が完了しました。20個の項目を置換しました。」
    ⇒「OK」を選択

11. ラベルデータの完成!!

検索と置換のウインドウを閉じればラベルデータの完成です!

 

ラベル印刷手順-11

12. ラベルを印刷

後はラベルを印刷するだけですが、特に難しい設定は不要で普通にいつもの印刷設定でモノクロ印刷してみてください。

※プリンターの設定はA-ONEのパッケージ裏面に記載されてます

 

実際に印刷をしてみたのがこちらです。

見えにくいと思いますが、一枚一枚ラベルが分離するようになってます。

 

オリジナルデザイン ラベルシール

 

柳井 謙一

以上の様にステップで書くと少々難しく感じるかもしれませんが、馴れてしまえば5分とかかりません。

Wordのラベル印刷ができるようになると、宛名シールの作成にも便利ですよ!

STEP4:ラベルを段ボールや紙袋に張れば、オリジナル梱包が完成!

先ほどのラベルを段ボールや紙袋に張り付ければ、オリジナル梱包が完成です!!

 

段ボール オリジナルデザイン

 

定形外発送の用の紙袋もこんな感じで装飾できます。

紙袋 オリジナルデザイン

 

いかがでしょうか??

とくに難しいこともなく、無地の梱包資材に印刷したラベルシールを張っただけです。

これだけでもグッとお店感が増して、お洒落な印象になったと思いませんか??

 

柳井 謙一

以上、超簡単にできる梱包デザインについてでした。

今日から実践できることなので、早速、商品発送に活かしてみてくださいね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一