僕がどうやって商品を仕入れてるのか、せどりや転売と異なる方法を教えます

こんにちは。ヤナケンです。

せどりや転売の場合、商品の仕入れは店頭です。
店頭で定価で仕入れた商品をネットなんかで高値販売して
その差額で儲けます。

が、僕の仕入れ方は異なります。
今回は商品仕入れについて、
僕が普段から実践している2つの方法を紹介します。

ヤナケンはどうやって商品を仕入れているのか?

僕が商品を仕入れる方法は大きく2つです。

1.メーカーから直接仕入れる
2.自分でOME商品を作る

OEMっていうのは簡単に言うと商品の企画だけして
製造は業者にお任せするというやり方です。

1.メーカーから直接仕入れる

■ 卸値で仕入れられる、供給が安定する

普通に考えて店頭で定価で買うより、
メーカーから仕入れた方がいいと思いません?

そりゃそうですよね。
メーカーからダイレクトに仕入れれば
卸値(定価60~70%とか)で仕入れられますし、
供給が安定します。

■ 個人なら中小規模のメーカーが狙い目

個人でメーカー仕入れをするなら、
大企業ではなく中小規模のメーカーが狙い目です。

たとえば、
僕の場合は地元の小さな業者・店舗に結構話を持ちかけます。

先日も出汁屋さんと交渉しました。

■ 小ロット仕入れが可能

すでに完成しているメーカーの既製品を仕入れるため、
ほとんどの場合小ロット仕入れが可能です。

※ロットは仕入れ先によって異なる

僕の場合は最初は10~20個とかで
まずは試します。

■ Amazonで独占的に販売できる

仕入れる際には
必ずAmazonで独占販売させてもらえないか
事前に交渉しておきましょう。
※参入されてからでは遅いので

上手くいけば、メーカー商品を
Amazonで独占的に販売することができます。

せどらーや転売ヤ―が後で相乗りしようにも、
価格と供給面でまず負けることはありません。
というか相乗りされることが、まずありません。

あ、僕は物販をするなら
絶対にAmazonがオススメです。
めちゃくちゃ稼ぎやすいので。

■ 商品展開がしやすい

メーカーから1商品仕入れてみて売れたら、
ほかの商品もどんどん仕入れさせてもらいましょう。

1商品、2商品、5商品と広げることで、
雪だるま式で売り上げが伸びていきます。

■ パッケージだけ変えてオリジナル化することも可能

仕入れ先によってはパッケージを変えてもいいよ
という場合があります。

そうすればサクッとOEM商品が開発できます。
OEMにしちゃえばやりたい放題です(笑)

Amazonのカタログをオーナーとして所有できますし、
価格も好きなように決められます。

2.自分でOEM商品を作る

■ 同じ商品を扱う競合がいない

あなただけのオリジナル商品をOEMで作るので、
原則、競合はいませんし、競合されることもありません。

もちろん、同じ商品を扱う競合がいないというだけで、
似たような商品を扱う競合はいますけどね。

少なくともAmazonのカタログに
相乗りされる心配はありません。

■ 供給が安定する

OEMの場合、製造は外部の業者に委託します。
在庫が少なくなったら、追加発注をすれば
1~2週間ほどで在庫を補充することができます。

■ 価格を自分で好きなように決められる

OEM商品の最大の魅力は、
価格を自分で決められることです。
たとえば原価の5倍とか。
(500円で作ったものを2,500円で売る)

Amazonで値段で勝負する必要がないので、
売れればしっかり儲かります。
例:2,500円の商品を20個売れば40,000円の利益

■ 売れ筋を軸に商品展開ができる

たとえばOEMで作った雑貨が売れたら、
その色違いを作るだけで商品を増やすことができます。

売れ筋の商品を軸にしているので、
色違いやサイズ違いも高い確率で売れます。

僕はこの方法でラインナップを増やして、
売上を何倍にも増やしてきました。

 

まとめ

僕が実践している2つの方法で商品を仕入れれば

  1. せどりや転売では太刀打ちできない商品を扱える
  2. Amazonという全国的な市場で独占的に販売できる
  3. 競合されにくく長期間稼ぐことができる

もし、あなたがこういった物販ビジネスを望むなら、
ぜひ僕のやり方を真似て実践してみてください。

やってみれば簡単だし、
せどりや転売では難しい安定収入を獲得できますので。

ではでは

PS

でも、どんな商品を選んだらいいのかは分からない方は、こちらの記事をどうぞ。

物販初心者が選ぶべき商品とは?6つの条件

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

2 件のコメント

  • はじめまして.ヒデといいます。
    ebayで物販を始めてます。
    OEM商品の検索中にこのサイトを拝見しました。
    マインドを維持するために皆さん500万から800万位
    使ってる方多いですね
    物販を仕組化する順序が知りたいです。
    仕入れ販売、ホームページの作成、ブログフェリエイト
    法人化、税金対策、OME商品契約仕入れなど教えてください

    • ヒデさん

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなり失礼いたしました。

      ご質問いただいた内容を一言でお答えするのは難しいのですが、
      書ける範囲でお答えしますね。

      【仕入れ販売】
      僕の場合はメーカーと直接契約を結びます。
      気になるメーカーが見つかったら、
      とにかくコンタクトを取ることから始めます。

      中小規模のメーカーであれば、意外と仕入れOKしてもらえるので、
      小ロット仕入れから始めて徐々にロットを増やしていくイメージです。

      【ホームページの作成】
      今はワードプレスの無料テーマでも優秀なものが多々あります。
      そういったものを活用すれば、2~3日もあれば作成できるかと。

      それすれ面倒な場合は、ココナラやクラウドワークスで、
      外注するという手もあります。

      【法人化】
      法人化は急がなくて良いと思います。
      まずは個人で年商2,000~3,000万をめざし、
      消費税の課税タイミングで法人化に切り替えるのがオススメです。

      【税金対策】
      これは優秀な税理士さんを雇う。
      これに尽きます。

      経理全般を丸投げできて、かつ節税の提案をしてくれる。
      そんな方を雇えば、日々の経理作業から完全開放されますよ。

      【OEM商品契約仕入れ】
      これは仕入れ販売と同じ流れです。

      【物販の仕組み化について】
      新商品のリサーチは定番商品が1~2つ見つかってしまえば、
      まずやらなくてよくなります。

      1~2つ程度の定番商品をひたすら回し続けるだけでも、
      月収50万位は目指せますので。

      発送業務はAmazonFBAや代行業者を使えば、
      ほとんどやらなくて済むようになります。

      どうしても社内でやらないといけない作業は、
      パートさんを1~2名雇えば解決します。

      そうすると、どんどん時間ができるようになるので、
      自分の時間は販売やマーケティングに割くようにすれば、
      どんどん売上が伸びていきますよ。

      以上、簡単ではございますが参考にしていただけると幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください