まずはこれだけ!実践で使うイラストレーターの機能 2017 速習編

まずはこれだけ!実践で使うイラストレーターの機能-2017-速習編

 

ヤナケン

こんにちは!

デザインを学ぶなら最初に習得すべきソフトがイラストレーター(通称イラレ)。

イラストレーターといえば豊富な機能と自由度の高さが特徴ですが、その分、最初の内はどれを使ったらよいか戸惑ってしまう方もいると思います。

そこで今回はイラストレーターの機能の中でも、とくに実践で活かせる必須機能をピックアップして解説していきます。


イラストレーターでできること

Illustrator イラストレーター

≫Adobe Illustrator

 

イラストレーターはデザインソフトの中でも比較的簡単に習得できるソフトでありながら、一度習得すると実現できるデザインの幅が一気に広がります。

たとえば

  • 体裁の整ったプレゼン資料作成
  • 実店舗用のポップやパンフレット作成
  • 配布用のチラシやフライヤー作成
  • 名刺やショップカード作成
  • ウェブ用のバナーやボタン作成

といった感じで、ほぼなんでもデザインできるようになります。

 

TIPS

ワード・エクセルデザインを卒業しよう!

普段エクセルやワードでデザインしている方が一度イラストレーターを習得すると、その使いやすさ自由度にびっくりされます。

プロっぽいデザインを目指すなら、ワード・エクセルデザインを卒業してイラストレーターを使うようにしましょう!

 

イラストレーター速習の進め方、コツ

イラストレーター速習のステップは以下の通りです。

Step1 必要な機能だけを習得

↓↓↓

Step2 ひたすら実践

↓↓↓

Step3 必要に応じて機能を追加習得

 

習得のコツは、Step1の段階から学習と並行して簡単なデザインをどんどん作ることです。

いくら機能を理解しても、やはり使わないことには実践レベルのスキルに落とし込めません。

最初はどんなにしょぼい作品でもいいので実践し続ける、わからないことは随時書籍やGoogle検索で調べる。

これがスキル速習のコツです。

 

ソフトとあわせてショートカットキーを覚えよう

ショートカットキーを覚えておけば、作業効率化だけでなく細かい機能まで網羅することができます。

ソフト習得にあわせてショートカットキーは必ず覚えておきましょう。

以下の記事に必要なショートカットキーをまとめました。

≫超便利!イラストレーター、フォトショップの厳選ショートカット集【初心者向け】

 

Step1 まずはこれだけ!イラストレーター必須機能

数あるイラストレーターの機能の中で、とくに実践でよく使う機能は下記の12個です。

他の機能は後回しにしておいて、まずはこれだけ確実に覚えましょう。

※詳しい操作方法については省略させていただきます

選択ツール 選択ツール ダイレクト選択ツール

オブジェクトを選択したり、移動させたりするツールです。

図形の移動はドラッグアンドドロップで直観的に移動させることができます。

※オブジェクトとは図形や文字のことを指します

 

2種類の選択ツールがあるのですが、それぞれの使い分けは以下の通りです。

選択ツール 選択ツール:オブジェクト、グループ(オブジェクトの集合体)を選択するツール

ダイレクト選択ツール ダイレクト選択ツール:図形のポイントやパス、グループ内の特定のオブジェクトを選択するツール

実際に使わないとわかりにくいと思うんですが、

“黒矢印は図形を選択するツール、白矢印は図形の細かい部分を選択するツール”

といった感じのイメージです。

図形ツール 図形ツール

基本的な図形を書くツールです。

長方形、多角形、丸、星などを直観的な操作で作ることができます。

直線ツール 線ツール

こちらも基本的なツールで線を描くためのツールです。

ペンツール ペンツール

自由な図形・線を描くツールで、図形ツールや線ツールでは描けない複雑な図形・線を描くことができます。

アンカーポイントとハンドルという概念が必要になるため馴れないうちは使いづらいツールですが、

自由な図形を書くだけでなく、フォトショップでパス抜きをするときにも同様のツールを使うので習得は必須です。

 

TIPS

「ペンツール初心者は“S”と“B”を描くことから」

私がデザイン講座でペンツールを教える際には、まずペンツールで“S”や“B”を10個ずつくらい描いて馴れてもらうようにしてます。

曲線の多い図形を何度も描くことで、素早くペンツールを使いこなせるようになります。

文字ツール 文字ツール

文字を打ち込むツールです。

文字打ち・文字移動が自由にできて、ワード、エクセル、パワポと比べると直観的な操作が可能です。

文字ウインドウ

カラーツール

図形の塗や線の色を変えるためには、スウォッチとカラーツールを使います。

スウォッチカラー

クリッピングマスク

画像を切り抜き(トリミング)するための機能です。

たとえば下記のような横長の画像を切り抜く場合、切り抜きたい形・サイズの図形を作ります。

クリッピングマスク①

↓↓↓↓↓

切り抜きをしたい画像の場所に図形を重ね。

画像と図形を選択して、右クリックでクリッピングマスクを選択します。

クリッピングマスク②

↓↓↓↓↓

すると画像が図形のサイズで切り抜かれます。

クリッピングマスク③

 

一度トリミングした画像は、あとでいくらでも編集可能です(切り抜きのサイズを変えたい、切り抜く場所を変えたいなど)。

重ね順

『この図形の上に、この文字』といった感じで重ね順を変更することができる機能です。

重ね順

グループ

図形や文字(オブジェクト)を1つの塊としてグループ化させる機能です。

グループ化したオブジェクトは、まとめて移動させたり、まとめて変形させたりすることができます。

グループ化

アウトライン表示

意外としられていない機能でアウトライン表示(Ctrl+Y)というものがあります。

複数の図形を作ると図形同士が重なりあい、見つけにくいことがあるのですが、アウトライン表示を使えば一発で隠れた図形を見つけることができます。

アウトライン表示

整列ツール

整列ツールを使うと図形や文字の整列・均等配置が自由自在にできるようになります。

私が最も好きなイラストレーターの機能の1つで、パワポ、エクセルの整列機能とは比べ物にならないくらい使い勝手のよいものです。

整列

ガイド

ガイドは図形や文字を揃えるために使うもので、中級編以降で習得するグリッドシステムを使う上で欠かせないツールです。

≫【グリッドッシステム】効率的かつ美しいレイアウトのテクニック

ガイド

 

Step2 必要な機能を覚えたら、後はひたすら実践あるのみ

必要な機能を覚えたら、

最初はどんなにしょぼくても構わないので、どんどんデザインしていきましょう。

 

ちなみにモデリングというテクニックを使えば初心者でもある程度のデザインができるようになります。

モデリングについては下記の記事を参考にしてみてください。

≫初心者でも綺麗にデザインができる「モデリングテクニック」

≫デザインセンスを鍛える方法「モデリング」

≫デザインサンプル・見本の探し方【Google画像検索の検索テクニック】

 

Step3 作業を拡張&効率化させたいなら

上記以外にもイラレの機能を覚えて作業を拡張&効率化させたい方は、下記の書籍がオススメです。

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

≫10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

 

私自身、イラストレーターを習得して5年位後にこの本を読みましたが、作業効率は抜群に良くなりました。

数あるイラストレーターの書籍の中でもとくにオススメしたい一冊です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか??

「デザインソフトって難しいんじゃないの?」と思われる方もいると思いますが、実はそこまで覚えることはありません。

まずは気軽に使い始めてみましょう!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください