初めての仕入れは、低単価・高利益率の商品を狙おう!【中国輸入がオススメ】

初めて仕入れは、低単価・高利益率の商品を狙おう!【中国輸入がオススメ2】

 

ヤナケン

こんにちは!

柳井です。

今回は物販初心者が初めて仕入する商品について、いくつか注意点を解説していきます。


なるべく単価が安いものを仕入れる

安い 貯金 お金

 

物販経験の浅いうちは、なるべく仕入れ値が安い商品から扱い始めましょう。

安い商品で販売実績を積んでから、中単価・高単価商品に挑戦していくことで、スキルを磨きながらビジネスを伸ばしていくことができます。

 

仕入値が安いものとして、たとえば

  • iPhoneケース
  • 生活雑貨
  • ファーストファッション
  • ファッション小物
  • アクセサリー感覚の時計

などが上げられます。

 

中国から仕入れられるものを選ぶ!

アリババ

 

商品を安く仕入れる際、中国輸入がとっても向いてます。

たとえば、国内で1,500円とかで売られているiPhoneケースが、中国の卸サイトでは100円とかで販売されていたりと。

2万くらいあれば、ある程度の数量を仕入れることができます。

 

ちなみに「初期資金が1万円もないっす!」という方は、不用品転売で資金を作ってください。

≫物販初心者はフリマアプリ(メルカリ・フリル)で不用品転売から始めよう!

 

格安輸入商品の品質は、国内でも通じる

品質

 

格安商品を仕入れるとなると、どうしても気になるのが品質。

最近はファーストファッション・格安小物を扱うお店(GU、ZARA、SHOPLIST)が増えたことで、国内ユーザーも低品質の格安商品に免疫ができてます(とくに女性)。

 

そのため、格安の輸入商品でも、問題なく受け入れてもらえるようになってます。

現にメルカリやBUYMAといった場所では、多数の輸入商品が販売されていますが、国内商品と比べてリーズナブルな価格のため人気があります。

とはいえ明らかに品質が低そうな商品は、高値で販売できそうだとしても仕入を控えましょう。

 

利益率は50%以上を狙う

利益率 利益 稼ぐ 儲け

 

たとえ物販初心者だとしても、利益率は50%・最低でも30%をボーダーに、しっかり儲かる商品だけを仕入れていきましょう。

※利益率=利益÷価格×100(%)

 

たとえば100円で中国から仕入れたiPhoneケース。

関税や送料、仕入れる数量にもよりますが、関税や送料など諸々の経費がかかるので、最終的な原価は300円くらいになるかと思います。

国内で1,500円で販売すると、差額は1200円。

メルカリの場合は10%の販売手数料(150円)がとられ、送料(200円)もこちら負担だとすると。

手元に残る利益は850円(1,200-手数料120円ー送料200円)ということになり、利益率は約56%です。

 

いちいち計算が面倒なの方は、最低でも販売値の1/3の値段で買える商品を仕入れるようにしてください。

1,000円販売なら、333円以内ってことです。

 

最後に

物販が初めてという方は、上記のポイントをおさえながら商品仕入れをしていきましょう。

安くて利益率の高い商品であれば、リスクをおさえながらムリなくビジネスを回せますよ!!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください