柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

一度の失敗をクヨクヨ考え、引きずってしまうことはありませんか?

過去の私も後を引いてしまう方で、中々気持ちをリセットすることができませんでした。

ところが都合よく考える癖を身につけてからは、あまり失敗を引きずることがなくなり、すぐに気持ちを切り替えることができるようになりました。

今回は私が実践してきた楽観的なマインドの身に着け方について解説していきます。


自分に都合よく考える癖をつける

くよくよしない

 

自分に都合よく考える癖を身に着けると、

物事を前向きに捉えられるようになり、クヨクヨすることがなくなります。

 

例えば気になる子にアプローチしたものの、拒否されてしまった時

多くの人が「嫌われた… 」と思うわけですが、これを「今日は彼女の気分が冴えなかったのかな? 」とか「お腹がいたいのかな?」とか自分に都合よく考えてしまいます。

ビジネスで失敗した時なども「今回はタイミングが合わなかった」とか「成功のための通過点」などと考えるようにします。

 

一朝一夕で身につけられるものではありませんが、この考え方を意識的に習慣づけていくと、いつの間にか意識しなくても失敗を前無kに捉えられるようになります。

 

柳井 謙一

ネガテイブな感情が強い人は、些細な出来事から意識的に取り組んでみてください。

ネガテイブな感情から脱却できると、生活の充実度に天と地の差が生まれますよ!

 

楽観的思考方だけでは不十分

といって楽観的なマインドを身に着けても、同じことをしていては何も変わりません。

「失敗を楽観的に捉えながらも、失敗から学び、思考と行動をアップグレードしながら挑戦し続ける」

これが何かを成し遂げる上で大切な習慣になります。

 

アップグレード 改善

 

最後に

すでに楽観的に物事を捉えてはいるけど、どうもうまくいかない…

そんな時は、今までの失敗と成功を振り返ることから始めてください。

何か気づくことがあると思いますので、その気づきを次の挑戦に活かしていきましょう!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一