自分だけの独自ネットショップを構えよう!【メリット、店舗開店から複数展開までのステップ】

自分だけの独自ネットショップを構えよう!【メリット、店舗開店から複数展開までのステップ】

 

ヤナケン

こんにちは!

柳井です。

今回は物販ビジネス中~後期編、独自ネットショップの開店についてです。

店舗構築が不要なプラットフォーム(無店舗型プラットフォーム)に頼るばかりでなく、自分のお店を持つことで利益を安定化させていきましょう。

 


用語説明

ノートブック

 

用語がわかりづらい方もいると思うので、最初に少し説明しておきます。

店舗構築が不要なプラットフォームとは?

メルカリ、フリル、Amazonといった店舗構築不要の市場を指します。

手作り品市場minneやCreemaも無店舗型プラットフォームに属します。

本文中では、無店舗型プラットフォームと呼ばせていただきます。

独自ネットショップとは?

Yahooショップ、楽天ストア、ワウマ、カラーミー、ショップサーブといった場所に出品する場合は、店舗構築が必要です。

ちなみにYahooや楽天の場合はショッピングモールに出店するイメージで、カラーミーやショップサーブの場合は完全に独立した店舗を持つイメージです。

 

独自ネットショップを持つメリット

メリット

自分のお店を開くとメリットがいっぱい!

それぞれのメリットを見ていきましょう。

 

1. プラットフォームに依存しなくてよくなる

もしかしたら経験したことがある人もいるかもしれませんが、無店舗型のプラットフォームに頼りっぱなしだと、規制がちょっと変わるだけ大打撃を受けます。

たとえば、メルカリであれば規約変更によりアカウントを削除されてしまったり、Amazonであれば出品規制の変更で検索に引っかからなくなったりと。

プラットフォームの規約が変わることで、いきなり収入が途絶えてしまう・激減してしまうというケースがあります。

 

独自ネットショップの場合、規約変更といってもそこまで大きな打撃を受けることはありません。

むしろ初期費用や月額費用が安くなったりと、どちらかというとプラスの変更が多いように感じます。

 

 

 

2. 販売規制がなくなり、自由度が高くなる

たとえばメルカリであれば1日の出品数制限がありますし、Amazonであればメインの商品画像は白バックでなくてはならないといったルールがあります。

独自ネットショップだとそういった販売規制がないので、好きなように販売・演出していくことができます。

 

 

3. お店の世界観で勝負できるようになる

無店舗型プラットフォームだと、商品や価格だけで勝負するしかありません。

たとえばメルカリやフリル、Amazonといった市場の場合、誰が商品を出しているかなんてあまり気にせず、みるのは価格や商品だけだと思います。

 

独自ショップの場合、お店の世界観で勝負することができるようになります。

たとえばお店の世界観で清潔感を演出したり、高級感を演出したりと。

そういった世界観に惹かれたお客さんは、「あなたのお店から買いたい!」と指名買いしてくれるようになります。

 

 

TIPS

ドン・キホーテとZOZOで同じアパレルが売られていたら?

別にドンキを悪く言うわけではないですが、「ドンキで売ってるブランド商品って本物なの? ドンキで買ったとは言えないけど、ZOZOなら言える」とか思う人は結構いるんじゃないでしょうか(とくに女性)。

というのも、ドンキとZOZOでは世界観が全く異なるからです。

  • ドンキ ➡ 乱雑、何でも屋、格安・低品質
  • ZOZO ➡ オシャレ、トレンド、高いけどいいもの

4. 価格競争に巻き込まれにくくなる

独自ネットショップの世界観に惹きつけられたお客さんは、多少価格が高くてもそのお店から買ってくれるようになります。

 

 

5. お店にファンがつく

独自ネットショップの世界観やサポートの品質に満足したお客さんは、ファンになってくれる可能性があります。

ファンになってくれたお客さんは、繰り返し買ってくれるので売り上げが安定します。

6. メルマガが打てるようになる

独自ネットショップはメルマガ機能を搭載しているところが多いので、たとえば新商品の情報やセール情報をメルマガで流すことができます。

要は、プッシュ型のプロモーションができるようになるということです。

ちなみに無店舗型プラットフォームの場合、メルマガ機能はありません。

 

7. 顧客のメールアドレスを獲得できる

一部の独自ショップでは、顧客のメールアドレスを獲得し放題です。

※YahooショップやカラーミーショップはOK、楽天ストアはNG

 

顧客のメールアドレスが取得できると、店舗を開いた時などメールで案内を流せますし、他のサイトへのリンクを送ったりすることもできます。

たとえば1号店をヤフーショップで開き、2号店をカラーミーショップで開いた場合。

1号店で取得した顧客のメールアドレスに2号店のオープン案内を流せば、オープン間もない2号店にも誘客ができるようになります。

8. メルマガマーケティングを仕掛けることも?

顧客のメールアドレスが獲得できれば、物販でメルマガマーケティングを仕掛けることができます。

メルマガマーケティングはDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼ばれるもので、利益が最大化する強力な手法です。

ぶっちゃけ、これだけのために独自ショップを開店してもいいくらいです。

なお、メルマガマーケティングについて詳しくは、別の記事で解説します。


以上、独自ネットショップのメリットについてでした。

ここからは、独自ネットショップ開店までのステップを解説していきます!

独自ネットショップ開店から、複数店舗展開までのステップ

ステップ 階段

Step1. 先輩店舗のリサーチ

独自店舗といってもいきなり開店するのではなく、事前に先輩店舗の下調べをしておきましょう。

先輩になりそうな店舗を数店舗リストアップして、その中から繁盛店をじっくり分析してみましょう

 

たとえば

  • 何が売れている要因なのか?
  • 売るためにどんな工夫をしているのか?
  • お店の世界観はどうなっているのか?

などなど、先輩を分析しながら自店の方向性を決めていきます。

Step2. 最初の店舗をコストをおさえて開店する

先輩店舗の分析から方向性が決まったら、いよいよ店舗構築です。

まずはランニングコストがかからない場所でお店を構え、リスクをおさえながら売上を上げていきましょう。

ちなみにYahooショッピングが初期費用も月額も無料で、最近ではワウマ(元DeNAショッピング)なんかも無料化してます。

Step3. 店舗集客をする

独自店舗への集客ですが

  • 広告を打つ
  • 内部SEO対策をする
  • 外部のブログから誘客する
  • アフィリエイターと提携する

といった感じで、様々な方法があります。

ネットショップによっては専任の担当者がつく場合もあるので、担当者にあれこれ相談しながら集客の対策を練ってみてください。

 

TIPS

他のプラットフォームから誘客

メルカリやフリルで商品を販売している方は、お店の案内を商品に同封しながら独自ネットショップへ誘客していくという手もあります。

Step4. 店舗を複数展開

1店舗目で手ごたえを感じたら、同じ要領で複数の店舗をオープンさせていきましょう。

こうすることで、利益はどんどん膨らんでいきます。

 

TIPS

楽天ストアはラスボス

楽天ストアは魅力的な市場ですが、ランニングコストが高いのでラスボスにしておきましょう。

まずはランニングコストのかからない場所から広げていき、徐々にコストの高いところに手を伸ばしていくイメージです。

 

最後に

以上、独自ネットショップについて、メリットと開店までのステップについて解説しました。

店舗構築の手間はありますが、一度仕組みができてしまえば利益が安定します!

まずは1店舗、自分のお店を開いてみましょう!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりどうぞ

ヤナケン

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください