印刷費を大幅に削減するネット印刷

 

[char no=”1″ char=”柳井 謙一”]こんにちは、柳井です。

今回は、当たり前のようで意外と知られていないネット印刷業者について解説をしていきます。

ネット印刷についての知識を得て、自社の印刷費削減に活かしていきましょう![/voice]


印刷費が高くなってしまう理由

私は数年前に東京を離れ南三陸町に移住してきたのですが、田舎で生活をしていると印刷費に高いお金をかけている事業者が多いことに驚かされます。

 

原因は一目瞭然なんですが印刷をする際、

①ランニングコストの高い自社のレーザープリントで印刷する

②地元の店舗型の印刷業者に高額発注

この二つしか選択肢がないからなんですね。

 

そのため、年間の印刷費に莫大なお金がかかり、仲には数百万円とかかけているところもあります。

※特に公共団体、行政関係

 

お金 高い

 

ヤナケン
印刷費をほとんどかけない私にとって、100部とかの部数をレーザーでガンガン印刷しているのを見ていると。

「も、もったいなすぎる…」というのが率直な意見です。

 

ネット印刷業者に発注すると印刷費を1/5~1/10位下げることが可能!?

高額の印刷費をかけている事業者に格安のネット印刷業者を紹介すると、その圧倒的な安さに皆さん本当にびっくりされます。

かけている印刷費にもよりますが、部数が多い場合、ネット印刷業者に発注するだけで年間で1/5~1/10くらいコストが下がる場合もざらにあります。

 

比較

店舗型印刷とネット印刷の相場比較

店舗型の印刷屋の場合、おそらく1,000部を印刷しようとすると50,000円~かかるのではないでしょうか?

デザインにこだわると100,000円くらいかかることもあります。

高額な理由はデザインの制作費用や営業費用が含まれている場合が多いからです。

 

さらに増刷時に、初回のデザインや版代を引いてくれない業者もあります。

引いてくれたとしても、あまり価格に差がない場合が多いようです。

 

これは地元の印刷屋の様に店舗運営型の場合、営業やデザイナーの人件費等、毎月の固定費がかかるため印刷費を下げるわけにはいかなというのが理由のようです。

とはいえ発注する側としては、増刷時も値段に変わらないのは納得いきませんよね。

 

経費がかかる

 

先ほどの画像からも見られるように、ネット印刷の場合1,000部で3,550円です。

キャンペーンが適用された場合、なんと1,000部で約2,000円です。

しかも送料込みです。もちろん増刷もこの価格で発注可能です。

 

ヤナケン
1000部を印刷した場合で比較すると、地元の印刷屋が最低50,000円に対し、ネット印刷の場合は4,000円未満です。

 

その差は10倍どころではないですね!

 

自前印刷とネット印刷費の相場比較

事業者によっては「うちは印刷は自社内でやっているからコストはかかっていないよ!」

と言われる方が時々います。

 

プリンター

 

自前の場合、コピー用紙レベルのものにフルカラー印刷をすると一枚当たり5~10円程でしょうか。

光沢紙等の高い紙を使い、最高品質の印刷になると印刷費は20円~30円とぐっと高くなってきます。

一般的にインクジェットよりもレーザーの方が割高なので、レーザーの場合はもう少し高くなります。

 

1~10枚など、印刷枚数が少ないのであれば、確かに自前の方が安くなります。

ただし100枚以上になってくるとネットの印刷業者に頼んだ方がはるかに安く、綺麗に、簡単に仕上がります。

 

例えば、A4サイズの100枚を片面フルカラーで発注した場合、キャンペーン適応時などは一番安くて何と430円(一枚当たり4.3円)です。

これが200枚になると895円、300枚で1000円程度です。

 

つまりネット印刷の場合、印刷枚数が増えるほど一枚当たりの単価もどんどん安くなります。

自前では刷った分が単純に加算されていくので、こうはいきません。

 

ヤナケン
ちなみに紙質については印刷業者の使う紙は自前のコピー用紙と比べ、しっかりとした質の良いものばかりです。
※一般的にコート紙という光沢のある安価な紙がよく使われます(折り込みチラシ等)

仕上がりについてもインクの乗り、裁断等、自前よりもはるかに美しいものです。

 

かかる労力については、印刷業者への発注作業だけです(15分程度)。

自前だと印刷の目詰まりをしたり再印刷をかけたりと、こういった苦労はつきものですよね。

 

ネット印刷であれば発注をしてしまえば、あとは納品を待つだけです。

一度この発注に慣れると、自分で印刷するのがアホらしくなってきます(笑)

 

代表的なネット印刷業者

ネット印刷業者について代表的なものとして

があげられます。
※上記3業者でほとんどすべての印刷物を網羅できます

 

プリントパック

 

画像を見ていただくとわかる通り、A4片面カラーを100部印刷しようとすると、わずか1,310円しかかかりません。

枚数が1,000部になっても3,550円です。
※この記事を書いているときはキャンペーンが適用されているので、さらに安くなってます

 

デザイナー不在でネット印刷を発注できない場合

ここまでネット印刷業者について書いてきましたが、ネット印刷を発注するためにはデザインデータを自前で準備することが必須になります。

 

「でもデザイン出来る人がいないしなぁ」

とお考えの事業者様には2つほどご提案があります。

 

①自社内でデザイナーを育成する

②デザインを外注し、ネット印刷の発注を自前でやる

①自社内でデザイナーを育成する

おすすめは自社内でデザイナーを育成することです。

不思議なものでデザインを学べると聞いて、あまり嫌な顔をする人はいません。

 

なんとなくクリエイティブでかっこよい感じ!そんな印象があるからでしょうか。

本業はそのままやってもらいつつ、少しかじれる程度にデザインを習得させておくだけでも、印刷物を作る際など何かと活躍してくれます。

 

基礎習得

 

②デザインを外注し、ネット印刷の発注を自前でやる

どうしてもデザイナーの育成が難しい場合は、デザインを外注しましょう。

クラウドソーシングというネットで人材を探し外注できる場がありますので、そういったところを活用しながら外注することが可能です。

 

Lancers

 

信頼できる人が見つかれば、格安で外注できる人材と長期にわたり取引することも可能になったりします。

デザインデータだけ作ってもらい、ネット印刷の発注は自分ですればデザイナーがいなくとも印刷経費を下げることができます。

 

ヤナケン
デザイナー不在だからと言って、ネット印刷を使わない。

こんなにもったいないことはありません。

毎年の経費が何十万、いや時には何百万も安くなることを考えれば、デザインを習得する一時の苦労など大したものではありませんよね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください