デザインにメリハリをつける、メリハリの付け方

 

ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

今回はデザインにおけるメリハリの出し方について解説していきます。

デザインにメリハリがあると、より読みやすく・伝わりやすくなるので参考にしてみてください。


メリハリをつける理由は?

メリハリをつける理由は、読んでほしいもの(伝えたいもの)をはっきりさせるということです。

なれない人が作ったチラシを見ていると、文章・要素の強弱が弱く結局何を伝えたいのか分からないものがあります。

例えば私の住んでいる南三陸で発行されたチラシはこんな感じです。
※悪い事例に試用するのは気が引けるので小さい画像ですがご了承ください…

商工会 チラシ

 

ヤナケン
文字や画像の大小差が弱くてメリハリがないため、ぱっと見でよくわからない印象を受けるのではないでしょうか?

 

POINT1:大小・太さの違いをはっきりつける

先ほどの例だどタイトルこそ強調されているものの、他の情報は似たような大きさでいまいちメリハリがありません。

そこで、メリハリを強くするために伝えたい文章だけをとにかくでっかくして、あとは思い切り小さくしてみましょう。

この際、太さを変えるとメリハリがより際立ちます。

例えばこんな感じです。

 

強調②

 

いかがでしょうか?

伝わるものと、そうでないものがはっきりとしてくるのではないでしょうか?

ぱっと見で“伝えたい言葉”が真っ先に目に入り、そのあと“次に伝えたいこと”が目に入って来ると思います。

小さな“読まれなくてもいい文章”はあまり目に入ってこないと思います。

 

ヤナケン
こんな感じで情報に大小差をつけると、読みやすくなるだけでなく情報の伝達スピードも速くなります。

本当に読ませたい情報だけ大きくして、あとの情報はがっつり小さくしちゃいましょう!

 

POINT2:余白をたっぷり取る

先ほどの悪い例を見ると、紙面に文字が詰め込まれすぎ窮屈な印象を受けます。

また文字の感覚が狭いため、各要素の分別がはっきり見て取れません。

これでは、ぱっと見で「ウッ…」とストレスを感じてしまうのではないでしょうか??

 

余白をとってメリハリをつけるポイントは、文字や要素間に大胆な間隔をあけることです。

余白をしっかりと取ることで、スッキリとした印象を与えることができ、各要素・情報の繋がりがはっきり見て取れます。

読む人がぱっと見でストレスを感じることもありません。

例えばこんな感じです。

 

強調①

 

読みにくいという印象もなく、サブタイトルである“次に伝えたいこと”と本文の“読まれなくてもいい文章”のつながりがはっきり見て取れるのではないでしょうか?

 

POINT3:タップリの余白に重要な一文を差し込む

タップリの余白の中に配置された文字は、読む人に特別な印象を与えます。

例えばキャッチコピーやメッセージ等、最も読んで欲しい一文を余白内に配置すると効果的です。

例えばこんな感じです。
※“伝えいたいコピー”が大切な一文です

 

メリハリ①

 

どうでしょうか一番大きな文字“伝えたい言葉”に続いて、“伝えたいコピーがあります”が目に入るのではないでしょうか?

このように、特に難しいことをせずに大胆に余白を取るだけで、デザインにメリハリが生まれ伝わりやすくなります。

最初から大きな余白取りに抵抗を感じる人もいると思いますが、いくつかのサンプルデザインを参考 余白の取り方を勉強してみてください。

 

デザインを枯山水に例えるならば

日本庭園 枯山水

日本庭園などで枯山水を見ると、ところどころに配置された岩が目につくのではないでしょうか??

巨大なものから小さなものまで大きさの異なる岩がポンポンと配置され、全体を通してメリハリが際立つ何とも風情あるものです。

 

枯山水にデザインを例えるなら、枯山水の簡潔な庭園はデザイン面・余白にあたり、ところどころに配置された岩は読ませたい文字・要素ということになります。

枯山水をイメージしながらデザイン面・余白(庭園)に伝えたい文章や要素(岩)をポンっと配置すると、メリハリがつけやすくなります。

 

もしかしたら、メリハリは日本古来からの手法だったのかもしれませんね!

 

以上、デザインのメリハリの付け方についてでした。

WEBや紙媒体を問わず使えるテクニックなので、ぜひ活用してくださいね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください