柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

起業というと…

「商品も開発したし、販売場所も決まった!よっしゃ販売するぜ!」となりがちですが。

最初からなかなか思うようにいかないのがビジネスの世界。

かなりの確率で売れないという壁にぶつかります。

 

そこで最初はリスクを抑え、テストをすることが大切になってきますが、今回はテストマーケティングについて考え方や重要性ついて解説していきます。


動画解説

 

テストマーケティングの本質

売り手が「これは素晴らしい商品だから絶対買って!」といったところで、お客様が欲しくなければ売れるはずがありません。

テストマーケティングの本質は、あれこれ自分の頭で考えず、テスト販売を通してお客さんが欲しいかどうかを直接聞くということです。

 

フィードバック

 

 

TIPS

販売して答えを出す

テスト販売はお客さんに「いかがでしょうか?」と実際に尋ねるようなもの。

「売れる・売れない」で白黒がつきます。

 

そもそも需要のない商品だとどうやっても売れない

たとえば今の時代にブラウン管のテレビを売りたいと思っても、そもそもの需要が全くない商品なので、どんなに集客を頑張り見せ方を工夫しても売れません。

もちろん100万人くらい集めれば1個くらいは売れるかもしれませんが、これではビジネスとして成り立ちません。

 

悩む

 

起業前にテストを行い、お客さんの需要と反応を確かめる

本格的にビジネスをスタートさせてから需要の壁にぶつかると、取り返しのつかないことになってしまうことがあります。

そこでそういったリスクを抑えるために、予め売り出そうとしている商品に対するお客さんの需要と反応をテストして確かめておくことが重要です。

要は本番前にリハーサルして確認しておこうということです。

 

意見

 

テストマーケティングでは利益は保留

テスト段階で稼ぐことはとりあえず脇に置き、とにかく最小限の労力でいろいろ試すことが重要です。

具体的には、赤字でも良いのでサンプル品や小ロットで生産を行い、Amazonのようにすぐに出品できる場所でテスト販売してみるということです。

 

売れる 売上

 

TIPS

もしあなたが、ハンドメイド商品を扱いたいという場合は、minne、Creemaといった場所がテストマーケティングにはピッタリですよ!

 

テストマーケティングの結果で事業戦略を変える

テストの段階で商品の需要を掴んだら、後は本格的に大口発注をしたり、関連商品を増やしたりしながら利益を増やしていきます。

逆に売れない場合、商材そのものを見直すか販路を変えてみてください。

全く反応がないという場合は、その段階で撤退するのも最善かもしれません。

 

売上アップ 業績

 

 

テストマーケティングを学べる教材の紹介

以前、知人の起業家から紹介してもらった本で、テストマーケティングの本質を学べるピッタリの教材があります。

リーンス・タートアップ(エリックリース著)

リーン・スタートアップ

 

シリコンバレーで起業した著者が、起業時に幾度となく壁にぶつかりながらも、テストを繰り返しながら業績を伸ばしていくといったものです。

テストマーケティングについて、事例を交えながら解説されており、読んでおくと起業時の事業戦略が立てやすくなります。

※著書ではテストマーケティングでなくリーンスタートアップと書かれておりますが、考え方は同じです

 

TIPS

「そのこだわり、お客さんは求めてるの?」

特に職人気質でこだわりの強い人は、ついつい自分の想いを出しすぎてしまい、お客さん目線を失いがちです。

かくいう私もどちらかというとこだわりが強い方なので、気持ちはわかるのですが…

ぜひこの本を一読していただき、少しでも顧客目線を持つようにしていただければと思います。

 

最後に

以上、テストマーケティングについてでした。

これからビジネスを起業される方は、テストしながら幸先の良いスタートを切っていきましょう!!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一