デザインの視線誘導はZ・逆Nの法則を意識する

デザインの視線誘導-Z・逆Nの法則

 

ヤナケン
こんにちは!

柳井です。

ユーザーの視線誘導をするために、Z・逆Nの法則というものがあります。

今回はZの逆Nについて考え方と使い方について解説していきます。


日本人の一般的な視線の流れ、Z・逆Nの法則

 

視線誘導のZ・逆Nの法則は非常にシンプルな考え方ですが、情報を優先度順に伝えられる強力なテクニックです。

これは日本人の習慣に基づいているのですが、一般的に横書きの場合、日本人の視線は左⇒右・上 ⇒下の“Z”の方向で動きます。

縦書きの場合は、一般的に上⇒下・右⇒左の“逆N”の方向で視線が動きます。

 

Z・逆N

 

なぜ一般的かというと、絵本から教科書まで、すべてこの流れにそってレイアウトが組まれており、意識しなくても幼少期からの習慣になっているからです。

 

 

ヤナケン
本当に一般的なの…?と思われた方は小説でも雑誌でもなんでもよいのですが、実際にどいう流れで要素が配置されているかを見てみてください。

Zと逆Nの流れが見えるはずですよ!

 

 

Z・逆N法則の使い方

ポイントは優先度が高いものを、出発点から順番に配置していくということです。

 

横書きはZの流れるになるため、左上が視線の出発点になります。

縦書きは逆Nの流れなので右上が出発点です。

 

例えば代表的な横書きの紙面として教科書、縦書きの紙面として新聞を例にとると視線誘導はこんな感じです。

教科書

 

新聞

 

出発点が一番目にとまる場所になるので、ここに一番大切な要素(タイトルやキャッチコピー)を配置し、あとは読ませたい順に流れに沿って情報を配置していきます。

こうすることで、読者に掲載している内容の要点を真っ先に伝え、あとは優先度の高いものから順番に読んでもらうということができます。

 

 

ヤナケン
いかがでしたでしょうか??

すぐにでもデザインに応用できるシンプルな法則なので、ぜひ今日から活かしてみてくださいね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一

 

 

 

 

【下記画像をクリックして、儲かる物販ノウハウを手に入れる】 

ヤナケン公式メルマガ

メルマガ読者様限定で僕が身に付けた独自性・希少価値の高い物販ノウハウを、どんどん公開していきます。また有料級のプレゼントも無料で定期的にお届けします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております!

≫詳細が気になる方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください